住友不動産

住友不動産の間取りの例

住友不動産の間取りの例を見ていきます。

機能的である一方、かなりスペースを有効活用していることが分かります。

デザインの優秀さと相まって、間取りに関しても高レベルで内外とも高い技術力で、見事に融合されています。

J・アーバンの間取り例

住友不動産の主力ブランド「J・アーバン」の代表的な間取りを紹介します。

非常にシンプルでかつ機能性的な間取りが特徴です。

注目はオプション設定できる中庭のスペースです。
コンセプトは「外に対して閉じ、内に向かって大きな開放感をもたらすことです。

【1階】

【2階】

引用元:SUUMO

小技を使って間取りを生かす手法

スペースの使い方によって、間取りが最大限に生かされるものです。
住宅の設計では、このスペースの使い方が、間取りに大きな影響を与えます。

さりげない収納スペースやちょっとした便利なコーナーの設置など、住友不動産が多彩なアイデアを提案しています。

玄関収納

  • ゲストを迎える最初の空間です。
  • ここが雑然としていると、どんなに素晴らしいエクステリアやリビングであっても、台無しになってしまいます。
  • 玄関の一角にシューズやコート類などを収納できるスペースを生み出します。

書斎コーナー

  • 空きスペースを有効活用し、念願の書斎を実現させます。
  • 書籍や書類などを収納でき、集中して仕事や趣味に没頭できます。
  • それ以外にも、パソコンを設置してパソコンルームとしての活用など、多彩なアレンジができます。

家事コーナー

  • 主婦の仕事は、数えきれないほど多岐にわたります。
  • キッチンに隣接するように、造作家具でカウンターを設ければ、家事仕事がはかどります。
  • アイロンがけ、料理の補助台など使い方は無限に広がります。

小屋裏スペース

  • 屋根の形状や構造などに着目して、デッドスペースを有効活用します。
  • 部屋にすると、高さが当たりないが、奥行きのスペースがかなりある場合に有効です。
  • キャンプ用品、スキー用品、季節ごとに衣類を分類収納できます。

最強かも。あなたが建てたい家にかかる費用と間取り図がもらえる無料サービス!

ハウスメーカーが公表している坪単価は、大きく幅がって、目安にしかなりません。工務店になるとなおさら不明確でネットに落ちている情報だけでは詳しくわからないのが現実です。

じゃぁ、実際の建築費用を知るには、どうしたらいいでしょうか。

あなたの、理想的な間取りを実現するのに、おおよそどれくらい費用が必要か

を考えなければなりません。

実際には、間取りの打合せをする段階では、ハウスメーカーでも工務店でも契約をしてからになります。

でもそれだと、契約前に間取りの作成も出来ない、その間取りで建てた時に、どれくらいの費用になるかを各社で比較できない。

これは、家づくりにおける長年の課題でありました。

でも、私と同じような悩みをお持ちの方に朗報。とっておきの無料サービスがあります。

【簡易的な間取りを作成してほしい】【その間取りで建てた場合の費用】【(必要な場合は)あなたに合った土地探し】

一手に引き受けてくれる無料サービス「タウンライフ家づくり」です。

タウンライフ家づくり」では、

【簡易的な間取りを作成してほしい】【その間取りで建てた場合の費用】【(必要な場合は)あなたに合った土地探し】

の3つを、【あなたオリジナルの家づくり計画書】を全国各地のハウスメーカー、工務店から、任意の企業に依頼できる無料サービスです。

そんなサービスなかなか無いので注文住宅部門で3冠達成も頷けます。

実際に「タウンライフ家づくり」を利用して分かったメリッです。

ポイント

  • 間取り作成が簡単に依頼できる
  • その間取りで建てた場合の各社の見積もりがもらえるので、何にどれくらいかかるのか、判断しやすい。
  • 資金計画書もあるので、漠然としていた長期間にわたる返済が具体的にイメージできる
  • 希望であれば、土地探しもお手伝いしてくれる。(私はお願いしました。)
  • 無料で利用できる
  • 例えば、A社の間取りで気に入ったら、その間取りで他の企業にも見積もりをもらうことで、値引きがしやすい!

全国各地の600社以上の工務店、ハウスメーカーに選択式で依頼が出来て、信頼できる大手ハウスメーカーにも依頼できます。

 

私が何よりもうれしかったのは、要望をくみ取った間取りを作成してくれる所。


実際に複数のハウスメーカーから、各社の個性のある素敵な間取りをもらいました!

安心した点としては、「強引な営業や勧誘がない」点ですね。

ご利用になられる前に、私から少しだけより良く使う為のヒントを!

こちらのホームページはいろいろ特集があって、例えば「ハウスメーカー特集」とか、「間取り作成特集」とか。
つまり、そこに掲載されている工務店や、ハウスメーカーにも特色や得意・不得意があって、その得意だけを集めて紹介しているようです。
だから、どこから申込するかはとても大事。

メールでの営業はありましたが、電話営業などのストレスになる事はありませんでした。

値引きの実現も出来てきて、家づくりがお得に進捗しそうです!

 

これから家づくりを始める方は、使ってみても良いかもしれません

▼公式サイトはこちら▼

  • この記事を書いた人

賃貸から戸建て!主婦の家づくり奮闘日記

私のプロフィール 年齢:34才 家族:旦那(34才)子供2人 趣味:旅行 職業:パート 将来の夢:マイホームの買い替え・・・。

-住友不動産
-

© 2021 注文住宅ハウスメーカー評判・口コミランキング