パナホーム

電気のテクノロジーを詰め込んだパナホームのエコハウス

更新日:

パナホームは、1963年に設立された注文住宅のハウスメーカーです。

賃貸住宅に軸足を置いていましたが、最近では注文住宅の分野に力を入れています。

ご承知の通り、パナソニックグループのハウスメーカーで、電化製品と連動した住宅づくりでは一定の評判があります。

 

電気のテクノロジーを詰め込んだエコハウスに注目される

パナホームの最大の長所は、やはりエネルギーの有効活躍を施した住宅づくりです。

パナソニックグループの総合力を結集させた住宅には、他の住宅メーカーよりもエコの観点を前面に出した住宅をコンセプトにしています。

 

テーマは「光と風とくらす」で「スマートデザイン」「スマートライフ」「スマートテクノロジー」の3つをコンセプトに掲げています。

環境保全のため、地球全体で取り組みエコは、最近の住宅づくりに欠かせない要素のひとつです。

先進的な考えが、高い評判となっています。

 

注文住宅を建てる際、顧客が大前提としているのが予算です。

しかし、予算内で希望通りの住宅が完成しても、維持・管理費の問題も出てきます。

光熱費を含むランニングコストが予想外にかかれば、せっかくリーズナブルな予算で住宅を建てても意味がありません。

 

評判の大容量の太陽光パネル

最近の住宅では、屋根にソーラーシステムを設置するケースも多くなりました。

既存の電力消費量を減らし、エコに貢献するものです。

しかし、一般的に太陽光パネルを設置する住宅は、一定の大きさが必要になります。

 

パナホームの場合は、平均的な注文住宅より小さい延べ床面積26坪台の住宅でも、10KW以上の電力を供給できる太陽光パネルを設置できます。

同様の発電量を確保するには、通常で60~65坪の延べ床面積の住宅が必要ですので、いかにエコの分野の技術力が高いのかが分かります。

 

10KW以上の太陽光発電なら、20年間の「再生可能エネルギー固定価格買取制度」の対象になります。

実質、光熱費がゼロ(もしくは格安)になり、売電分を住宅ローンの返済に回すこともできるのです。以下にそのシミュレーションを明記しました。

 

引用元:パナホームhttp://www.panahome.jp/shiawase-hatsuden/point1.html

  • この記事を書いた人

目指せ!自宅買い替え奮闘中の主婦

私のプロフィール 年齢:34才 家族:旦那(34才)子供2人 趣味:旅行 職業:パート 将来の夢:マイホームの買い替え・・・。

-パナホーム
-

Copyright© 注文住宅ハウスメーカーマガジン , 2018 All Rights Reserved.