アイフルホーム

アイフルホームの魅力や特徴、評判、坪単価は?

更新日:

ローコストで注文住宅を建てられるアイフルホーム。今回は、アイフルホームの魅力や特徴、評判、坪単価を見てみましょう。

アイフルホームとは

アイフルホームはLIXILの設備と、ローコストが特徴のハウスメーカーですから、購入を検討されている方も多いでしょう。

アイフルホームは、住宅業界では最大規模のフランチャイズチェーンを誇る会社です。

250近くの工務店が加盟する巨大なフランチャイズチェーンで、年間5,000棟以上の販売戸数は木造のハウスメーカーの中でも上位の実績です。

2007年に、トステムやINAXが加盟する住生活グループのトステム住宅研究所と合併し、アイフルホームカンパニーと社名変更しています。その後2011年に住生活グループが株式会社化され、現在は株式会社LIXIL住宅研究所となりました。

会社名 株式会社LIXIL住宅研究所【アイフルホーム】
屋号等
(FC店名等)
アイフルホーム
所在地 〒136-0071 東京都江東区亀戸1丁目5-7 (FC本部)
創業 1984年
資本金 12億5万円
年間建築棟数 4550棟(2010年度契約棟数)
取り扱い工法 木造軸組金物工法
施工エリア 北海道、東北、関東、中部、近畿、中国、四国、九州(一部地域を除く)

アイフルホームの特徴

フランチャイズ

アイフルホームは日本最大級の住宅フランチャイズを展開しています。

それにより、

  • 大手メーカーに遜色ない商品開発力、資材調達力、品質力、広告宣伝
  • 地場工務店ならではの地域密着性、各地の気候風土への理解力
  • 充実のアフターメンテナンス
  • 直接責任施工の強み

を発揮できる仕組みを構築し、地域密着で安心できる体制を整えています。

ローコスト

アイフルホームの最大の特徴は、ローコストであるということでしょう。

なかでも、インターネットで住宅を販売するアイプライムセブン(i-Prime7)は、坪単価20万円代からと、注目を集める商品となっています。(関東限定で販売されていましたが、2010年10月より全国に拡大されました)

部品の共同購入や車で言うプラットホームのような統一規格に則った商品開発が今度行われることによって、
さらに商品が合理的に安くできるものと考えられています。

メーターモジュール

アイフルホームは、早くからメーターモジュールを採用してきました。

日本では従来尺モジュールが採用されてきました。しかし、日本で使われている住宅用木材の約70%は外国産であり、メートル単位で輸入されています。そこで、その無駄を省くためにアイフルホームが取り入れたのがメーターモジュール工法です。

メーターモジュールを採用すると、自由設計は難しくなりますが、資材などの無駄を省くことができます。

テクノスター金物

アイフルホームは強い地震の力がかかる接合部の強度を大幅に高める「テクノスター金物」を採用しています。

このテクノスター金物ですが、
従来仕口と金物で繋いでいた柱や梁などの接合部を強固にするために、
木材への加工を最小限に(断面欠損を小さく)して専用の金物で留め付ける
方法を採用しています。

technostar

この工法により、

  1. 接合部の強度向上
  2. 施工ミスの防止
  3. 工期の短縮
  4. 耐久性の向上

などが期待できるようです。

アイフルホームの坪単価

アイフルホームの坪単価は25万円〜65万円程度とされています。

アイフルホームからはたくさんの商品が出ており、そのなかには一般的な2階建ての家から3階建て、あるいは平屋建ての住まいもあるため、坪単価には幅が生じます。

ですが、ローコストであることは確かなようですね。

アイフルホームの評判、口コミ

ではアイフルホームの口コミや評判を見てみましょう!

今年の9月に念願のマイホームに引越しました。目星をつけていた土地を管理していた会社がアイフルホームだったのが縁で、住宅の建築を依頼しました。営業マンの知識が豊富で対応も良かったですし、打ち合わせの回数が多くて大変ではありましたが、間取りから内外装全てにおいて一つ一つ選択することができました。オリジナリティーの高い注文住宅を望まれる方には相性の良いハウスメーカーだと思います。アフターフォローもしっかりしていますので好印象です。

出典:みん評 https://minhyo.jp/eyefullhome

こちらの希望やわがままも取り入れてとても住み心地の良い家にしてくれた。アフターサービスも良く、修理やメンテナンスもしっかり行ってくれている。

出典:オリコン ハウスメーカー 注文住宅の比較・口コミ
https://life.oricon.co.jp/rank-house-maker/company/eyefulhome/

 

口コミ、評判まとめ

アイフルホームはフランチャイズ展開です。そのため、FC加盟店である工務店の技術がそのまま家の品質に反映され、出来上がる家の質にバラツキがあると言われています。というわけで、アイフルホームに限らずFC店は「加盟店によって評判の良し悪しは大きく変わる」と言われます。

又、同じようなメーカーを見比べてもこれと言った違いが分からず、そういった時に決め手になるのは「担当者の対応」ですよね。

実際にみなさんの口コミを調べていますと、営業マン、担当者の対応でも大きな差が出ていました。ここには書けないくらいの悪い口コミが書いてあることもあります。

中には、アイフルホームの中でも他の加盟店に変えたり、営業担当者を変えてもらったりして建てている方もいるようです。

というわけで、口コミや評判の全体的な印象としては、加盟店、担当者の対応によってかなり変わるというところと、やはりローコストハウスメーカーですので、多少安っぽく感じると思う方もいるというところ、しかし、LIXILの設備の設備が手頃に入れることができる点は評価されているようです。

ぜひ色々比較検討しながら、良いお家を建ててくださいね。

 

最強かも。あなたが建てたい家にかかる費用と間取り図がもらえる無料サービス!

ハウスメーカーが公表している坪単価は、大きく幅がって、目安にしかなりません。工務店になるとなおさら不明確でネットに落ちている情報だけでは詳しくわからないのが現実です。

じゃぁ、実際の建築費用を知るには、どうしたらいいでしょうか。

あなたの、理想的な間取りを実現するのに、おおよそどれくらい費用が必要か

を考えなければなりません。

実際には、間取りの打合せをする段階では、ハウスメーカーでも工務店でも契約をしてからになります。

でもそれだと、契約前に間取りの作成も出来ない、その間取りで建てた時に、どれくらいの費用になるかを各社で比較できない。

これは、家づくりにおける長年の課題でありました。

でも、私と同じような悩みをお持ちの方に朗報。とっておきの無料サービスがあります。

【簡易的な間取りを作成してほしい】【その間取りで建てた場合の費用】【(必要な場合は)あなたに合った土地探し】

一手に引き受けてくれる無料サービス「タウンライフ家づくり」です。

タウンライフ家づくり」では、

【簡易的な間取りを作成してほしい】【その間取りで建てた場合の費用】【(必要な場合は)あなたに合った土地探し】

の3つを、【あなたオリジナルの家づくり計画書】を全国各地のハウスメーカー、工務店から、任意の企業に依頼できる無料サービスです。

そんなサービスなかなか無いので注文住宅部門で3冠達成も頷けます。

実際に「タウンライフ家づくり」を利用して分かったメリッです。

ポイント

  • 間取り作成が簡単に依頼できる
  • その間取りで建てた場合の各社の見積もりがもらえるので、何にどれくらいかかるのか、判断しやすい。
  • 資金計画書もあるので、漠然としていた長期間にわたる返済が具体的にイメージできる
  • 希望であれば、土地探しもお手伝いしてくれる。(私はお願いしました。)
  • 無料で利用できる
  • 例えば、A社の間取りで気に入ったら、その間取りで他の企業にも見積もりをもらうことで、値引きがしやすい!

全国各地の600社以上の工務店、ハウスメーカーに選択式で依頼が出来て、信頼できる大手ハウスメーカーにも依頼できます。

 

私が何よりもうれしかったのは、要望をくみ取った間取りを作成してくれる所。


実際に複数のハウスメーカーから、各社の個性のある素敵な間取りをもらいました!

安心した点としては、「強引な営業や勧誘がない」点ですね。

ご利用になられる前に、私から少しだけより良く使う為のヒントを!

こちらのホームページはいろいろ特集があって、例えば「ハウスメーカー特集」とか、「間取り作成特集」とか。
つまり、そこに掲載されている工務店や、ハウスメーカーにも特色や得意・不得意があって、その得意だけを集めて紹介しているようです。
だから、どこから申込するかはとても大事。

メールでの営業はありましたが、電話営業などのストレスになる事はありませんでした。

値引きの実現も出来てきて、家づくりがお得に進捗しそうです!

 

これから家づくりを始める方は、使ってみても良いかもしれません

▼公式サイトはこちら▼

  • この記事を書いた人

目指せ!自宅買い替え奮闘中の主婦

私のプロフィール 年齢:34才 家族:旦那(34才)子供2人 趣味:旅行 職業:パート 将来の夢:マイホームの買い替え・・・。

-アイフルホーム
-

Copyright© 注文住宅ハウスメーカーマガジン , 2019 All Rights Reserved.