注文住宅全般

注文住宅を建てるならここから。注文住宅の実現までの流れ。

更新日:

注文住宅の実現までの流れ

 

今回は、注文住宅の購入をご検討中の方向けに、実際に注文住宅を実現するまでの流れについて紹介いたします。

 

プランニング

注文住宅を購入する際に最初にすべきこととしてプランニングがあります。

プランニングでは、先ず希望の条件や、絶対に譲れない条件などを考え、リスト化すると明確になってきます。

例えば、外観のデザインや間取り、自然素材、断熱気密性、木造、鉄筋、内装など建物の基本的な要素についての希望の条件を決定します。

もちろん希望の条件が具体的であることに越したことはないですが、プランニングの段階では未だ詳細までの具体案やイメージをお持ちでない方もいるかと思います。

先ず、ここでは大体のイメージでも良いので、何らかの希望や条件を決めておきましょう。

また、希望のエリアについてもいくつか考えておきましょう。

 

そして、プランニングで次に大事な要素は予算です。

皆さんの現在の経済的な状況や、将来への長期的な予定を考えながら、注文住宅に掛けられる総予算を決めておきましょう。

 

理想の条件や予算が決まったら、次に注文住宅を依頼する業者を選定します。

注文住宅の場合、依頼先としては主にハウスメーカーまたは工務店があります。

まず、ハウスメーカーと工務店の違いについて、そのメリット・デメリットを紹介いたします。

ハスメーカーのメリットとして、その安定性です。

多くのハウスメーカーは工務店に比べ規模が大きい場合が多いので、その実績や経験、アフターサービスの充実、品質も統一されていることから安定した質とサービスを受けることができます。

一方で、質、サービスが統一化されているが故に、融通性に欠けることがあります。

契約後の変更ができなかったり、変更が可能な場合でも大幅な追加費用が掛かることがあります。

工務店のメリットとして、ハウスメーカーに比べ、価格が安いことが挙げられます。

仮に、同じような一戸建てを建てる場合、工務店に依頼することで費用を抑えることができます。

また、工務店の多くは中小規模で運営されていることが多いので、リクエストや変更などに柔軟に対応してくれる場合があります。

一方で、工務店のデメリットの一つとして、アフターサービスが十分でない場合があります。

中小規模の場合が多いこともあり、完工した物件に関して長期間の対応が難しかったり、会社の運営状況が大幅に変わること場合があるので、購入後のアフターサービスがハウスメーカーに比べ十分でないことがあります。

 

また、工務店、ハウスメーカー関わらず、注文住宅では、他の形態の物件とは違い自分の希望条件を採り入れる要素が多い為、依頼先のスタッフとのやり取りも多くなってきます。

その際に、きちんと購入者の希望を実現できるよう誠意ある対応ができるスタッフ又は決裁者がいることも大事な要素です。

また、業者との打ち合わせの際に、詳細について十分な説明をしてもらえるか、また担当者の知識が乏しくないかなどの点も、業者選びに重要になってきます。

このような要素に欠けている業者は、依頼者へ契約を結ぶことを最優先に考える傾向がある場合や、顧客満足への配慮が低い場合があるので注意が必要です。

 

他に、業者を選ぶ際に重要な点として以下の4つが挙げられます。

工法

注文住宅のマイホームを建てる際に、工法によって希望の条件が実現可能だったり、不可能だったりするので、業者を選ぶ際に希望条件でどれほど対応できるかを確認することが重要です。

費用

同じような希望条件でも、業者によって大幅に費用が変わってくる場合があるので、業者選びの際に複数の業者に見積依頼をし、価格の比較をする必要があります。また、その際に重要な点として、見積の内訳と総費用の見積もりであるかを確認する必要があります。業者によっては、契約を結んで施工が開始された後に、様々な追加費用が掛かってきて当初の見積もりと大幅に変わってくることがあるので注意が必要です。

 構造

特に耐久性や耐震性については、業者がきちんと対応しているか必ず確認する必要があります。また、地方によっては、積雪量が多かったり、地震が多かったりするので、地域に応じてどういった構造が望ましいか確認することも良いでしょう。

 

また最後に、業者を選ぶ際は実際にどのような注文住宅を請負経験があるのか、資料や実際の物件を見せてもらうこともよいでしょう。費用や対応の点で納得のいく場合でも、あまりにも自分の理想的な物件と同じようなレベルの注文住宅の請負経験が無いようでは、説得力に欠けてしまします。
今回は、注文住宅を実現するまでの流れの中で、一番初めのプランニングについてご紹介しましたが、まずはじっくりと自分の希望条件について考え、複数の業者の中から一番希望条件に近い注文住宅を実現してくれる業者や、安心して依頼できる業者を選ぶようにしましょう。

 

自分の家を建てるのにかかる坪単価・費用を詳しく簡単に知る方法

ハウスメーカーが公表している坪単価は、大きく幅がって、目安にしかなりません。工務店になるとなおさら不明確でネットに落ちている情報だけでは詳しくわからないのが現実です。

じゃぁ、実際の建築費用を知るには、どうしたらいいでしょうか。

あなたの、理想的な間取りを実現するのに、おおよそどれくらい費用が必要か

を考えなければなりません。

実際には、間取りの打合せをする段階では、ハウスメーカーでも工務店でも契約をしてからになります。

でもそれだと、契約前に間取りの作成も出来ない、その間取りで建てた時に、どれくらいの費用になるかを各社で比較できない。

これは、家づくりにおける長年の課題でありました。

私も、これで失敗しています。

でも、私と同じような悩みをお持ちの方に朗報。とっておきの無料サービスがあります。

【簡易的な間取りを作成してほしい】【その間取りで建てた場合の費用】【(必要な場合は)あなたに合った土地探し】

一手に引き受けてくれる無料サービス「タウンライフ家づくり」です。

「タウンライフ家づくり」では、

【簡易的な間取りを作成してほしい】【その間取りで建てた場合の費用】【(必要な場合は)あなたに合った土地探し】

の3つを、【あなたオリジナルの家づくり計画書】を全国各地のハウスメーカー、工務店から、任意の企業に依頼できる無料サービスです。

実際に「タウンライフ家づくり」を利用して分かったメリットは6つです。

ポイント

  • 間取り作成が簡単に依頼できる
  • その間取りで建てた場合の各社の見積もりがもらえるので、何にどれくらいかかるのか、判断しやすい。
  • 資金計画書もあるので、漠然としていた長期間にわたる返済が具体的にイメージできる
  • 希望であれば、土地探しもお手伝いしてくれる。(私はお願いしました。)
  • 無料で利用できる
  • 例えば、A社の間取りで気に入ったら、その間取りで他の企業にも見積もりをもらうことで、値引きがしやすい!

全国各地の600社以上の工務店、ハウスメーカーに選択式で依頼が出来て、信頼できる大手ハウスメーカーにも依頼できます。

 

何よりも一押しのサービスが、要望をくみ取った間取りを作成してくれる所。


実際に複数のハウスメーカーから、各社の個性のある素敵な間取りをもらいました!

安心した点としては、「強引な営業や勧誘がない」点ですね。

メールでの営業はありましたが、電話営業などのストレスになる事はありませんでした。

値引きの実現も出来てきて、家づくりがお得に進捗しそうです!

 

これから家づくりを始める方は、使ってみても良いかもしれません

▼公式サイトはこちら▼

  • この記事を書いた人

目指せ!自宅買い替え奮闘中の主婦

私のプロフィール 年齢:34才 家族:旦那(34才)子供2人 趣味:旅行 職業:パート 将来の夢:マイホームの買い替え・・・。

-注文住宅全般
-

Copyright© 注文住宅ハウスメーカーマガジン , 2018 All Rights Reserved.