注文住宅全般

こんなにあった!注文住宅の費用を抑える方法!

更新日:

注文住宅で費用を抑える方法

注文住宅を建てたいけど、予算が合うか心配!そんなお悩みの方向けに、できる限り費用を抑えながら注文住宅のマイホームを実現する方法をご紹介いたします。

オシャレなお家、家族が帰りたくなるお家、生活しやすいお家、などなど現在マイホームの購入を検討されている方は様々な理想を持っていると思います。

本当に注文住宅でも価格を抑えて理想のお家を建てられるのでしょうか?

確かに、理想的な要素を欲張れば、勿論、価格も跳ね上がっていきます。

価格を抑えつつも、理想的なマイホームを建てるために大事なことは、先ずはこれだけは絶対に欲しいという要素を優先することです。

数社のハウスメーカーや工務店から見積もりを取り、自分の譲れない理想にどれだけ近づくかで絞っていきましょう。

但し、その際の注意点として、概算見積と実際にかかる費用が大幅に変わることがあるのでその点については注意が必要です。

例えば、坪単価を算出してもらった場合、概算の見積もりでは本体工事費のみで、他の諸経費や付帯工事費が含まれていないことがあります。

そのような点を含めて、予めご自身の総予算を立て、その範囲に実際に掛かる総費用が収まるかをハウスメーカー又は工務店に確認するようにしましょう。

 

注文住宅で費用を抑える方法

 

・地盤

地盤の良し、悪しで掛かる費用が数百万円変わってくることがあります。例えば、地盤の弱い土地に家を建てようと思うと、特殊工法により地盤改良を施す必要があります。特殊工法によって変わってきますが、1平米当たり、1万円から1.5万円ほど掛かり、例えば80平米(25坪弱)の土地の場合、80万円から120万円程掛かることになります。また、他の特殊工法によっては1平米あたり2万円から3万円掛かる場合もあり、同様に80平米の土地の場合、160万円から240万円程掛かることになります。
一方で、地盤がもともと強い土地に建てる場合、こういった特殊工法の必要がなくなるので基礎工事の費用を抑えることができます。

 

・壁や天井を変える

注文住宅の場合、外壁や内壁、天井の費用は坪単価に含まれているため、素材等を変えることにより坪単価を下げることができます。仮に、外観にこだわりがあり、外壁の質を下げることができないといった方には、内壁のレベルを下げることで坪単価を下げすことができます。同様に、内装にこだわりたい場合には、外壁のレベルを下げることで坪単価を下げることができます。

 

・標準仕様

また前述で譲れない要素を優先することと述べましたが、こだわりのない箇所については標準仕様で済ますことで、価格を抑えることもできます。特に、ハウスメーカーの場合ですと、標準仕様でも予算が1,000万円台でも数千万円台でも素材などの標準仕様が変わらないこともあり、もともとの標準仕様自体がしっかりしたクオリティーを備えてケースがあります。また大規模なハウスメーカーを利用すると、素材の大量発注で仕入れている場合が多いので、他のハウスメーカーや工務店に比べて価格を抑えられるメリットもあります。

 

・ハウジングモニター

実査に注文住宅を依頼するハウスメーカーや工務店を決め建築工事が始まった際に、同様に注文住宅の購入をご検討中の友人や知人にその建築中の物件を現場で見学してもらい、依頼先のハウスメーカーや工務店に紹介することにより、数百万円の値引きを実現できることがあります。見学者は、骨組みや細部を実際にみることができ、業者も受注を増やすことができることができるので、更なる値引きが実現できる仕組みです。

・複数社からの見積もり

注文住宅の購入をご検討中の方なら誰しもが行っているとは思いますが、複数のハウスメーカーや工務店から見積もりを依頼し、他のハウスメーカーや工務店のメリットやより低い価格を例に出すことで、値引きを期待することができます。特に、大手ハウスメーカーの場合、決算期の年度末になると、より受注を受けて売上を伸ばそうとする企業が多いことから、値引き交渉には有効かと考えられます。

また、複数の業者からの見積依頼が面倒でしたり、時間的に負担になると考える方のために、最近では一括して見積を入手できるサイトも増えてきております。一つのサイトに希望の条件を入力するだけで、複数の業者からの見積もりを入手することができるので、効率的に比較することができます。
上記で紹介させていたいた方法は、注文住宅の費用を抑える方法のほんの一部の例ではありますが、実際に有効的に活用していただくことができると思います。前述と重複しますが、先ずご自身の予算を決め、ハウスメーカーや工務店から見積もりを依頼する際は、その見積もりのなかにどこまでの要素が含まれ、実際に掛かる総価格の見積もりを予め確認することをお薦めいたします。

 

注文住宅は業者選びがポイント(業者選びで、数百万円の差が!)

星の数ほどある業者(ハウスメーカー・工務店・設計事務所)の中から自分の資金計画に合ったハウスメーカー・工務店を選ぶのは至難の業です。依頼するハウスメーカーや工務店によって、また間取りをどのようにするかで、かかる総費用は大きな差が出てきます。

自分の家を建てるのにかかる坪単価・費用を詳しく簡単に知る方法

ハウスメーカーが公表している坪単価は、大きく幅がって、目安にしかなりません。工務店になるとなおさら不明確でネットに落ちている情報だけでは詳しくわからないのが現実です。

じゃぁ、実際の建築費用を知るには、どうしたらいいでしょうか。

あなたの、理想的な間取りを実現するのに、おおよそどれくらい費用が必要か

を考えなければなりません。

実際には、間取りの打合せをする段階では、ハウスメーカーでも工務店でも契約をしてからになります。

でもそれだと、契約前に間取りの作成も出来ない、その間取りで建てた時に、どれくらいの費用になるかを各社で比較できない。

これは、家づくりにおける長年の課題でありました。

私も、これで失敗しています。

でも、私と同じような悩みをお持ちの方に朗報。とっておきの無料サービスがあります。

【簡易的な間取りを作成してほしい】【その間取りで建てた場合の費用】【(必要な場合は)あなたに合った土地探し】

一手に引き受けてくれる無料サービス「タウンライフ家づくり」です。

「タウンライフ家づくり」では、

【簡易的な間取りを作成してほしい】【その間取りで建てた場合の費用】【(必要な場合は)あなたに合った土地探し】

の3つを、【あなたオリジナルの家づくり計画書】を全国各地のハウスメーカー、工務店から、任意の企業に依頼できる無料サービスです。

実際に「タウンライフ家づくり」を利用して分かったメリットは6つです。

ポイント

  • 間取り作成が簡単に依頼できる
  • その間取りで建てた場合の各社の見積もりがもらえるので、何にどれくらいかかるのか、判断しやすい。
  • 資金計画書もあるので、漠然としていた長期間にわたる返済が具体的にイメージできる
  • 希望であれば、土地探しもお手伝いしてくれる。(私はお願いしました。)
  • 無料で利用できる
  • 例えば、A社の間取りで気に入ったら、その間取りで他の企業にも見積もりをもらうことで、値引きがしやすい!

全国各地の600社以上の工務店、ハウスメーカーに選択式で依頼が出来て、信頼できる大手ハウスメーカーにも依頼できます。

 

何よりも一押しのサービスが、要望をくみ取った間取りを作成してくれる所。


実際に複数のハウスメーカーから、各社の個性のある素敵な間取りをもらいました!

安心した点としては、「強引な営業や勧誘がない」点ですね。

メールでの営業はありましたが、電話営業などのストレスになる事はありませんでした。

値引きの実現も出来てきて、家づくりがお得に進捗しそうです!

 

これから家づくりを始める方は、使ってみても良いかもしれません

▼公式サイトはこちら▼

  • この記事を書いた人

目指せ!自宅買い替え奮闘中の主婦

私のプロフィール 年齢:34才 家族:旦那(34才)子供2人 趣味:旅行 職業:パート 将来の夢:マイホームの買い替え・・・。

-注文住宅全般
-

Copyright© 注文住宅ハウスメーカーマガジン , 2018 All Rights Reserved.