注文住宅全般

注文住宅で家を建てる前に大事な土地の探し方

マイホームを建てる際に、家の構造や外観デザイン、オシャレな内装や素材、住みやすい間取りなど、様々な好みやこだわりがあるかと思いますが、家をどこに建てるかについても、マイホームを建てる際は非常に重要な要素となってきます。

地盤の状態によって、基礎工事の内容が変わるとともに大幅に価格も変わる場合や、立地条件などによって、実際に新居に住み始めた後に利便性の悪さに気付くといったケースもよく聞かれます。 注文住宅を計画する際には、家の本体のみならず、並行して住居を建てる土地についての計画もしっかりと立てましょう。

 

土地選びのステップ

注文住宅でマイホームを建てる際に、様々な理想のマイホームの条件や譲れない要素を予め決めておくことは重要ですが、家を建てる希望の場所や空きのある土地のかたち、広さによっても、理想のマイホームの建築が可能か否か決まってきます。その為、土地選びについてもマイホームの計画の最初の段階で計画する必要があります。

  1. 先ず、希望の間取りや階数に応じて必要な広さを考えます。また地域によって建蔽率も異なってきますので、建蔽率も配慮しながら土地の広さを決めます。
  2. 場所によって土地の単価も変わってきますので、希望のエリアと必要な土地の広さに加え、予算を考慮しながら空きのある土地を探していきます。
  3. 上記の、建蔽率を計算した後に必要な土地の広さや、注文住宅を建てる希望の土地が決まったら、敷地調査と地盤調査を依頼します。依頼先は、敷地調査・地盤調査ともに建築会社に依頼すれば自社で調べていただいたり、外注の調査会社に調べてもらう場合がありますが、殆ど場合、依頼先のハウスメーカーや工務店で対応していただけます。

敷地調査は、住居を建てる予定の土地や敷地にどのような規制があるか、何か法令が適用されているか、また、建蔽率や容積率について確認する調査です。

例えば、土地によっては農地として登記されている場合は住居目的の建物を建てることができない規制や、地域によって用途地域いわれる規制によって、用途に応じて血餅率や容積率による制限が変わったりすることがあります。

また、地域によって高さ制限がある場合もありますので、敷地調査を通じて規制や法令などを確認しましょう。

 

建蔽率= 建築面積÷敷地面積

容積率=  延床面積÷敷地面積

 

地盤調査は、その土地の強度を専門家によって調べてもらい、地盤が弱い場合には地盤改良などの必要がある場合もあります。

地盤改良の工事は多くの費用が掛かる場合もあるので、予算を考慮しながら、地盤改良をするか、他の場所で土地を探すかの検討が必要になってきます。

地盤調査を依頼することは必須となりますが、土地を最初に選ぶ際に参考となるポイントとして、海や河川に近いエリアや、海や池や田んぼを埋め立てた土地は地盤が弱いケースが多いといわれています。

また、土地を探している際に、同じエリアの他の土地に比べ大幅に価格が割安な土地は、地盤が弱く、地盤改良が必要な土地である可能性があるので、入念に確認することが必要です。

 

注意点

土地探しの際は、不動産屋で土地探しの依頼をする前に、予めインターネットなど、お探しのエリアでどれくらいの広さの土地が幾らで売りにだされているかも独自で下調べしておくと良いでしょう。

また、古家付きの土地の場合、注文住宅を新たに建てるとなると解体作業が必要となり、その費用も掛かってくるので注意が必要です。

注文住宅の建設を依頼するハウスメーカーや工務店でも土地探しのサービスを提供している場合もあります。

不動産業者へ依頼するより、そういった業者は既に希望の注文住宅のスペックを把握していますので、実際にその希望のマイホームが建てることができるか否かも土地探しの段階で調べてくれることがあります。

土地を選ぶ際の注意点として、実際に新居が完成して住み始めてから、失敗したと思わないように予めその土地や周辺の環境について調べておく必要があります。

例えば、最寄駅からのアクセスや、お子様がいるご家庭の場合、学区や学校などの条件、近隣のスーパーやコンビニなどへのアクセスなど様々な要素が新しい生活に影響してきます。

また、敷地調査や地盤調査を依頼する前に、希望する土地や周辺地域に、曜日や時間帯などが違う時に出向いてみるのも良いでしょう。

今日も部屋の中を見てうんざりする・・・

できるだけ要らないものは処分して生活しようとしているけど、

そもそも収納スペースが足りない。。。

はぁ。収納に困らない生活がしたい・・・

結婚して、1LDKの10万円の賃貸マンションに引っ越したけど、

1年半で収納場所に限界を感じてる。。。

部屋に物が溢れない生活がしたいけど、

同じくらいの家賃でもっと収納場所のある賃貸物件を探しても

条件に当てはまる物件は0件です

と表示されるので、探すのはあきらめた。

 

しかし、外から家に帰るたびに、物であふれて牢屋のように

狭くなった部屋を見ると毎回ため息があふれる・・・。

 

 

 

 

友人の裏技「タウンライフ家づくり」ってなに?

友人から教えてもらった裏技は、、、

「タウンライフ家づくり」を使うということ。

 

タウンライフ家づくりとは?

こちらからの希望や要望を伝えるだけで、複数のハウスメーカーから希望・要望に合った「間取り」「資金計画」「土地探し」の計画書が提案してもらえるんです!

しかも!計画書作成は無料!

 

タウンライフ家づくりを使うだけで注文住宅が格安に建てられるなんて胡散臭そう。。。

 

と思った方、ちょっと待って。

注文住宅(オーダーメイド住宅)を格安に建てられる理由は

  1. ローコスト住宅を選ぶ(大手ハウスメーカーが資材を大量に発注することでコストダウンするから品質に問題なし)
  2. 住宅展示場の人件費を削減できる
  3. 広告費の削減ができる

つまり、注文住宅(オーダーメイド住宅)を建てたい!というあなた自身が、

タウンライフ家づくりを通じてハウスメーカーに希望・要望が伝えられるから、

無駄な費用が抑えられて格安に建てられるということ!

 

使い方は超簡単でした!

まず、家を建てたい都道府県と市区町村を選択

次に建てたい家の希望・要望を入力します

 

最後に気に入ったハウスメーカーを選択するだけ!(もちろん複数選択可能です)

 

 

たったこれだけの作業で資料が届きました!

 

 

 

注文住宅(オーダーメイド住宅)を建てるなんて、夢のまた夢のようだと思っていましたが、

タウンライフ家づくりで相談してみたら難しくないことだとわかりました。

ご利用になられる前に、私から少しだけより良く使う為のヒントを!

こちらのホームページはいろいろ特集があって、例えば「ハウスメーカー特集」とか、「間取り作成特集」とか。
つまり、そこに掲載されている工務店や、ハウスメーカーにも特色や得意・不得意があって、その得意だけを集めて紹介しているようです。
だから、どこから申込するかはとても大事。

【完全無料】間取り・費用比較は⇒

 

住宅ローン返済額の平均は1か月約9.7万円!

 

本当に注文住宅の方が賃貸の家賃よりも安いの?

と疑っている人もいるかもしれません。

例えば私の場合、

 

つまり、家賃10万円以上支払っているという方は、

家賃よりも安い支払い金額で

注文住宅(オーダーメイド住宅)が建てられるということに!!!

結論、賃貸よりも確実にお得!!

消費税増税したからといって時期が悪いなんてことはない!

消費税増税しちゃったから、注文住宅なんて高額なもの無理・・・

私も、そう思っていました。
ただ、この考え全然間違っていました。

増税したからと言って、家が買えなくなってしまっては経済はまわりません!

住宅ローン減税の控除期間が3年に延長して、建物購入価格の消費税2%分減税されます。

さらに、すまい給付金が最大50万円もらえるので、増税前よりもお得に家が建てられるということです。

 

増税したから、注文住宅なんて私には無縁なんてことはありませんでした!

 

注文住宅を建ててわかったオーダーメイドって最高!

賃貸住宅に住んでいれば、

2年毎に更新料を支払わなければならなかったり

良い物件を探しても見つからなかったり・・・

しかし、注文住宅を建てたら収納のストレスもなく

自分のしたかった暮らしができます。

 

もちろん、予算に合わせて削る部分も出てくるでしょう。

それでも、家に不満を持ちながら家賃を無駄に支払っている毎日よりも、

自分が満足できる暮らしを手に入れることができて、さらに家賃よりも支払額が少ないって最高じゃないですか?

私はこれでストレスフリーになりました!

\家を建てるなら、まず/

  • この記事を書いた人

賃貸から戸建て!主婦の家づくり奮闘日記

私のプロフィール 年齢:34才 家族:旦那(34才)子供2人 趣味:旅行 職業:パート 将来の夢:マイホームの買い替え・・・。

-注文住宅全般
-

Copyright© 注文住宅ハウスメーカーマガジン , 2020 All Rights Reserved.