注文住宅全般

家を建てるきっかけから注文住宅を選ぶまで

更新日:

家族にとって初めての家づくり。

家を建てようということになったのはどうしてですか?

まずはきっかけがありますね。
きっかけがあって、じゃあまず何から決めようかという家族の話し合いが始まります。

今回は、家を建てるきっかけから注文住宅を選ぶまでを見ていきましょう。

 

家を建てようと思ったきっかけ

なぜ家を建てようと思いましたか?

元々一戸建てで育ったから
いつかは一戸建てに住みたいと思っていた
子どもが生まれて手狭になるだろうと思って
賃貸と戸建ての毎月の住宅費用を比べたら、買った方が住宅費用の負担が少ない
結婚して手狭になったから
将来的にこども部屋を作る
親との同居
親の近くで暮らしたい etc

各ご家庭のさまざまな背景や、各個人の色々な思いがありますね。

ですが、心で思っている状態から実際に行動に移さなければなりません。

ではまず誰の声がきっかけとなるのでしょうか。

実際に家を建てようと思い立った人は誰ですか?

家を建てようと思い立った人

引用:イエノミカタプロジェクト
「注文住宅建築の依頼先検討に関する家族のコミュニケーション調査」,
http://ienomikata.com/files/reports/ienomikata-report02.pdf

「夫が思い立った」という回答が過半数で、妻(28.0%)の倍以上の結果が出ております。
住宅は家族にとって大きな買い物です。思い立って声に出してくれた旦那様、頼りになりますね。

 

住宅の種類って?

そもそも住宅の種類ってどれくらいあるのでしょうか。

住宅の種類には、5つあります。
1. 注文住宅:自分自身が居住する目的で建築した住宅をいう。
2. 分譲住宅(戸建・マンション):建て売り住宅又は分譲を目的として建築された住宅をいう。
3. 既存(中古)住宅(戸建・マンション):新築後、他の世帯が居住していた住宅をいう。
4. 民間賃貸住宅:個人や民間企業が賃貸する目的で建築した住宅で、社宅などの給与住宅、公的住宅、学生アパートを除いた住宅をいう。
5. リフォーム住宅:増築、改築、模様替えなどの工事を実施した住宅をいう。

出典:「平成29年住宅市場動向調査報告書」(国土交通省)平成30年3月発行
http://www.mlit.go.jp/common/001238783.pdf

家を建てたいという前に、まず戸建てに住みたいと思う方は、この中では注文住宅か分譲建て売り住宅か、はたまた中古住宅をリフォームするという選択肢がありますね。
その中でも注文住宅を選ぶ理由というのはどこにあるのでしょうか。

 

「注文住宅」と聞いて思い浮かぶこと

みなさんは注文住宅と聞いたらどのようなことを思い浮かべますか

自分の好きな家を建てることが出来る
分譲戸建て住宅に比べて住宅価格は高くなるかも
デザインや間取りを自分で決めることができる
家族に合わせた家を作ることが出来る
家を建てている建築中の時でも、その過程や中の構造を自分の目で確認することが出来る
自分で家のデザインや間取りを決めるのは、イメージは出来るが専門知識がないので大丈夫かなと思ってしまう
土地選びから始まるので、土地についても調べないといけない
プロの相談相手、住宅メーカーさんを見つける必要がある etc

ここでは、注文住宅と分譲住宅を比べて、結果として注文住宅を選んだ理由を見ていきましょう。

注文住宅を選んだ理由
出典:「平成29年住宅市場動向調査報告書」(国土交通省)平成30年3月発行
「住み替えに関する意思決定」(2)住宅の選択理由 より作成

この調査結果から、注文住宅を建てるということは、信頼出来る住宅メーカーさんに出会えるかどうか、住宅メーカーさんの存在がとても大きいことがわかりますね。

ともに上位の結果に上がっているのは、「一戸建てだから」「新築住宅だから」とあります。
注文住宅を建てた方も、分譲戸建て住宅を購入された方も、新築戸建てがほしいという気持ちは一緒です。
ですが、既に完成されている場合もある分譲戸建て住宅では叶えられないことが、注文住宅にでは実現するからということでしょうか。

注文住宅では、デザインや間取りなど、家族のことを考えて家を作ることが可能なのですね。

 

自分の家を建てるのにかかる坪単価・費用を詳しく簡単に知る方法

ハウスメーカーが公表している坪単価は、大きく幅がって、目安にしかなりません。工務店になるとなおさら不明確でネットに落ちている情報だけでは詳しくわからないのが現実です。

じゃぁ、実際の建築費用を知るには、どうしたらいいでしょうか。

あなたの、理想的な間取りを実現するのに、おおよそどれくらい費用が必要か

を考えなければなりません。

実際には、間取りの打合せをする段階では、ハウスメーカーでも工務店でも契約をしてからになります。

でもそれだと、契約前に間取りの作成も出来ない、その間取りで建てた時に、どれくらいの費用になるかを各社で比較できない。

これは、家づくりにおける長年の課題でありました。

でも、私と同じような悩みをお持ちの方に朗報。とっておきの無料サービスがあります。

【簡易的な間取りを作成してほしい】【その間取りで建てた場合の費用】【(必要な場合は)あなたに合った土地探し】

一手に引き受けてくれる無料サービス「タウンライフ家づくり」です。

「タウンライフ家づくり」では、

【簡易的な間取りを作成してほしい】【その間取りで建てた場合の費用】【(必要な場合は)あなたに合った土地探し】

の3つを、【あなたオリジナルの家づくり計画書】を全国各地のハウスメーカー、工務店から、任意の企業に依頼できる無料サービスです。

そんなサービスなかなか無いので注文住宅部門で3冠達成も頷けます。

実際に「タウンライフ家づくり」を利用して分かったメリットは6つです。

ポイント

  • 間取り作成が簡単に依頼できる
  • その間取りで建てた場合の各社の見積もりがもらえるので、何にどれくらいかかるのか、判断しやすい。
  • 資金計画書もあるので、漠然としていた長期間にわたる返済が具体的にイメージできる
  • 希望であれば、土地探しもお手伝いしてくれる。(私はお願いしました。)
  • 無料で利用できる
  • 例えば、A社の間取りで気に入ったら、その間取りで他の企業にも見積もりをもらうことで、値引きがしやすい!

全国各地の600社以上の工務店、ハウスメーカーに選択式で依頼が出来て、信頼できる大手ハウスメーカーにも依頼できます。

 

何よりも一押しのサービスが、要望をくみ取った間取りを作成してくれる所。


実際に複数のハウスメーカーから、各社の個性のある素敵な間取りをもらいました!

安心した点としては、「強引な営業や勧誘がない」点ですね。

メールでの営業はありましたが、電話営業などのストレスになる事はありませんでした。

値引きの実現も出来てきて、家づくりがお得に進捗しそうです!

 

これから家づくりを始める方は、使ってみても良いかもしれません

▼公式サイトはこちら▼

  • この記事を書いた人

目指せ!自宅買い替え奮闘中の主婦

私のプロフィール 年齢:34才 家族:旦那(34才)子供2人 趣味:旅行 職業:パート 将来の夢:マイホームの買い替え・・・。

-注文住宅全般
-, , , ,

Copyright© 注文住宅ハウスメーカーマガジン , 2019 All Rights Reserved.