注文住宅全般

1000万円台で注文住宅は実現できるのか?

更新日:

多くの方が憧れるマイホーム。せっかくマイホームを建てるのに建売住宅(既に建築された一戸建て住宅)や
規格型住宅(既に仕様が決められている一戸建て住宅)ではなく、できる限り家族構成やこだわりに合ったマイホームを建てたいと考えている方も多くいらっしゃいます。
しかし、多くの方にとって一戸建ての購入を検討する際に一番気になることことは、やはり価格ではないでしょうか。

マイホームは建てたいけどそんなに予算が無い、子供の教育や車、日々の生活に割り当てなければいけない費用が優先なので、
多くの予算をマイホームに割り当てることが難しい方も多くいらっしゃるかと思います。また、マイホームを購入する際は、
住宅価格に加え、もちろん土地の購入も必要になってきます。

 

土地についてはエリアや立地、地盤の状態、また家本体についていえば外壁や屋根の素材、広さなどによって、マイホームの購入に必要な総価格も大幅に変わってきます。

日本の土地付注文住宅の平均価格は、3,500万円から4,000万円といわれていますが、各家庭の予算も様々です。

マイホームは欲しいけど出来ればオリジナルの注文住宅が欲しい、エリアや立地もある程度良い場所に住みたいなど、様々な希望は持っているがあまり高い予算は割り当てられない。

そういった方のために、今回は1,000万円台で注文住宅を実現する方法についてご紹介いたします。

 

優先する箇所

生活スタイルや家族構成、オリジナリティやこだわりなどの希望を実現できるのが注文住宅ですが、
そのような全ての要望を実現することは1,000万円台の予算では難しいことが多いですが、出来る限りの希望通りに近づけるためにはまず、
譲れない要素について明確にし、それ以外の要素については少し妥協をすることによって費用を抑えていくことができます。

例えば、水回りに関してこだわりをもっている方がいるとします。
水回りといっても、お風呂やキッチン、トイレ、洗面所、洗濯場など、いくつかあると思いますが、その中でも絶対に譲れない箇所を明確にし、その箇所には希望通りの素材やデザインを採用し、それ以外の水回りには既製品や、標準装備よりレベルを下げることによって費用を抑えるといったこともできます。

また、外壁や内装の壁、屋根、床、断熱材なども同様に、例えば外からは見栄えにはこだわりたいという方には、
外壁デザインや素材に希望通りにして、他の箇所はグレードを少し下げることで費用を抑えることもできます。

 

構造

家の構造や間取りの選び方によっても、価格を大きく抑えることができる方法があります。
例えば、一番費用を抑えることができる構造は、総二階の四角形の家の構造です。
これは、家の構造が四角形の場合、凹凸な構造の家に比べて、外塀の総面積を抑えることができたり、また材料の形状を調整したりする必要が無く、また工事の手間を省くことができるためです。
また、同時に一階と二階の間取りを同じにすることで、屋根を二階の天井に付けるだけで済み、一階だけ広い場合に比べて、一階天井部の屋根やひさしの工事費を節約することができます。

 

土地

また、マイホームを建てる際に、価格に大きく影響してくる要素の一つに土地が挙げられます。
まず、土地の価格のみに焦点を当て、割安な土地を購入することを考えると、後々地盤の弱さなどが発覚して、特殊工法などの地盤改良の工事が必要になり余計に費用がかかってしまう場合もあるので、先ずは地盤のしっかりした土地を選ぶことが重要です。

 

業者選び

また、注文住宅の価格を抑える方法として、建築会社の選びかたも重要となってきます。
複数の建築会社から見積もりを依頼し、各業者の価格を比較することをお薦めいたします。
CM等で宣伝されている大手住宅メーカーのみを依頼業者として検討される方も多いですが、丁寧な対応と建築工事を施してくれる中小規模の工務店も数多くあり、価格のディスカウントの交渉や、そもそもの見積価格が大手住宅メーカーよりも大幅に安いことがあります。

大手住宅メーカーのみでなく、マイホームの建築希望エリア辺りの地元の工務店などにも見積もりを依頼することをお薦めいたします。

実際に、1,000万円台で注文住宅のマイホームを実現できた方は多くいらっしゃいますが、殆どの場合、ハウスメーカーや工務店、ローコストメーカーなどの複数の工務店で予算やプラン、耐震などについて確認し、最終的に一つの業者を選び依頼しています。

 

今回は、1,000万円台で注文住宅を実現する方法をご紹介いたしましたが、いろんな業者さんや専門家から情報を収集し、検討してみてはいかがでしょうか。

 

注文住宅は業者選びがポイント(業者選びで、数百万円の差が!)

星の数ほどある業者(ハウスメーカー・工務店・設計事務所)の中から自分の資金計画に合ったハウスメーカー・工務店を選ぶのは至難の業です。依頼するハウスメーカーや工務店によって、また間取りをどのようにするかで、かかる総費用は大きな差が出てきます。

私の場合、全く知識がなかったので、各メーカーの出来る事、出来ないこと、そして価格帯を比較する為に見積りサイトで複数業者の相見積りを出すことから始めました(何度か各ハウスメーカーの展示場に足を運んだこともありましたが、イマイチ違いも分かりづらく、時間もかかるので、初期段階としては、私はオススメできません!)。

私が実際に使った一括見積もりサイトはここ

一括サイトも色々ありますが、間取りや土地の広さ、予算などを入力するだけで、地元業者から大手ハウスメーカーまで、様々なプランを無料で一括作成、比較できオススメです。入力も3分程しかかからないので簡単でした!

私はこちらの無料見積りサイトで比較検討を重ねたことで、想定していた予算から数百万のコストを削減することに成功しました。

自分の家を建てるのにかかる坪単価・費用を詳しく簡単に知る方法

ハウスメーカーが公表している坪単価は、大きく幅がって、目安にしかなりません。工務店になるとなおさら不明確でネットに落ちている情報だけでは詳しくわからないのが現実です。

じゃぁ、実際の建築費用を知るには、どうしたらいいでしょうか。

あなたの、理想的な間取りを実現するのに、おおよそどれくらい費用が必要か

を考えなければなりません。

実際には、間取りの打合せをする段階では、ハウスメーカーでも工務店でも契約をしてからになります。

でもそれだと、契約前に間取りの作成も出来ない、その間取りで建てた時に、どれくらいの費用になるかを各社で比較できない。

これは、家づくりにおける長年の課題でありました。

私も、これで失敗しています。

でも、私と同じような悩みをお持ちの方に朗報。とっておきの無料サービスがあります。

【簡易的な間取りを作成してほしい】【その間取りで建てた場合の費用】【(必要な場合は)あなたに合った土地探し】

一手に引き受けてくれる無料サービス「タウンライフ家づくり」です。

「タウンライフ家づくり」では、

【簡易的な間取りを作成してほしい】【その間取りで建てた場合の費用】【(必要な場合は)あなたに合った土地探し】

の3つを、【あなたオリジナルの家づくり計画書】を全国各地のハウスメーカー、工務店から、任意の企業に依頼できる無料サービスです。

実際に「タウンライフ家づくり」を利用して分かったメリットは6つです。

ポイント

  • 間取り作成が簡単に依頼できる
  • その間取りで建てた場合の各社の見積もりがもらえるので、何にどれくらいかかるのか、判断しやすい。
  • 資金計画書もあるので、漠然としていた長期間にわたる返済が具体的にイメージできる
  • 希望であれば、土地探しもお手伝いしてくれる。(私はお願いしました。)
  • 無料で利用できる
  • 例えば、A社の間取りで気に入ったら、その間取りで他の企業にも見積もりをもらうことで、値引きがしやすい!

全国各地の600社以上の工務店、ハウスメーカーに選択式で依頼が出来て、信頼できる大手ハウスメーカーにも依頼できます。

 

何よりも一押しのサービスが、要望をくみ取った間取りを作成してくれる所。


実際に複数のハウスメーカーから、各社の個性のある素敵な間取りをもらいました!

安心した点としては、「強引な営業や勧誘がない」点ですね。

メールでの営業はありましたが、電話営業などのストレスになる事はありませんでした。

値引きの実現も出来てきて、家づくりがお得に進捗しそうです!

 

これから家づくりを始める方は、使ってみても良いかもしれません

▼公式サイトはこちら▼

  • この記事を書いた人

目指せ!自宅買い替え奮闘中の主婦

私のプロフィール 年齢:34才 家族:旦那(34才)子供2人 趣味:旅行 職業:パート 将来の夢:マイホームの買い替え・・・。

-注文住宅全般
-

Copyright© 注文住宅ハウスメーカーマガジン , 2018 All Rights Reserved.