アキュラホーム

アキュラホームの変幻自在な間取りの妙

更新日:

注文住宅のアキュラホームの間取りは、用途に応じて多種多様の基本プランがあります。

その一方で自由度の高い間取りにも、かなり柔軟に対応しています。

自由度が利く、木造軸組み工法を用いるローコストハウスメーカーの間取りにも要注目です。

 

アキュラホームの変幻自在な間取りの妙

アキュラホームの間取りで、自由度を高めているのが、趣向を凝らした技術力です。

これによって効率よく間取りを変化させることができます。

収納に関しても力を入れており、随所に工夫をちりばめています。

【アキュラホームの間取りの提案】

・S&Iテクノロジー

間取りを自在に変更できる内装部分(インフィル)を区分してつくるS&I(スケルトン&インフィル)技術を標準設定

・ライフサイクルウォール

間仕切り壁の「ライフサイクルウォール」によって、部屋を分割したり、つなげたりすることができる

・パーソナルモジュール

通常の尺貫法を基準にした「尺モジュール」に加え、メーター法の「メーターモジュール」の2通りの設計を選択できる。ミリ単位での施工やスペースの有効活用ができる

・ムービングクローク

子どもの成長に合わせて移動できる収納システムで、部屋を区切ることができる

・スマート・クローク

壁面の凹凸やデッドスペースなど、奥行きを1mm単位で設計できるぴったりサイズの収納スペース

 

効率よくスペースを生かした間取りの実例

アキュラホームの間取りは、効率のよさも特徴に挙げられます。

通常の間取りでは考えられなかったウオークインクローゼットと隣接して書斎を設けるなど、独自の発想が持ち味です。

リビングダイニングは間仕切りのない空間で、開放感を演出するなどセンスの良さも光ります。

 

 

引用:アキュラホームhttp://www.aqura.co.jp/product/kukan2/plan.html

 

アキュラホームは、基本プランや提案型の企画住宅でも、間取りの自由度が高いということが分かります。

間取りは住宅建設の中でも、重要度の高い項目です。

ローコスト住宅で間取りの自由度があるハウスメーカーは、そう多くはありません。

  • この記事を書いた人

目指せ!自宅買い替え奮闘中の主婦

私のプロフィール 年齢:34才 家族:旦那(34才)子供2人 趣味:旅行 職業:パート 将来の夢:マイホームの買い替え・・・。

-アキュラホーム
-

Copyright© 注文住宅ハウスメーカーマガジン , 2018 All Rights Reserved.