セキスイハイム

セキスイハイムの平屋、間取り、価格をご紹介。積水ハウスとの違いは?

投稿日:

セキスイハイムは、積水化学工業の作る住宅のブランド名です。

積水化学工業は、住・社会のインフラを創造する総合メーカーで、3つのカンパニー(事業体)で、住関連などの事業を幅広く展開する世界的企業です。その中で住宅カンパニーは、「セキスイハイム」ブランドとして様々な住宅事業を展開しています。

ですから、セキスイハイムは積水化学工業株式会社住宅カンパニーというところが手掛けている住宅ブランドになります。

 

セキスイハイムの平屋

セキスイハイムの平屋商品をご紹介します。セキスイハイムで建てられる平屋の商品は、主に以下の3種類があります。

  • そだての家
  • たのしみの家
  • 楽の家

そだての家

そだての家は、「子どもを豊かに育てる家」というコンセプトで、子育てをしやすくした間取りの平屋です。お子さんがいるご家庭は、そだての家がおすすめです。

たのしみの家

たのしみの家は、「夫婦二人の穏やかな家時間を愉しむ家」というコンセプトで、趣味のスペースやくつろぐスペースなど、遊び心のある平屋が建てられます。

楽の家

セキスイハイムの楽の家は、「人生を”楽しみ”ながら”楽”に過ごす家」というコンセプトで、のんびり楽しく暮らせる家づくりがテーマです。テラスなどを設けてのんびり暮らすのにも憧れますね。

セキスイハイム間取り

では、それぞれの平屋の間取りを見てみましょう。

そだての家

LDKと一体的に使えるデッキ空間があったり、子供の遊べるタタミコーナーがあったりと、家族で楽しく暮らせる工夫が詰まった間取りになっています。

たのしみの家

主寝室の隣に、コンパクトな書斎を配置。読書をしたり、コレクションを飾ったり。一人の時間を愉しめる空間で大人の夫婦がそれぞれを尊重しながら過ごせそうです。

楽の家

玄関横に広いテラスがあり、コミュニケーションの場として活用できるようになっています。ベンチを設置すればご近所の方とも気軽に会話を楽しめます。楽しいセカンドライフが過ごせそうですね。

出典:セキスイハイムホームページhttps://www.sekisuiheim.com/spcontent/hiraya/

セキスイハイム価格

セキスイハイムの坪単価は65万~85万円が、ボリュームゾーンになっています。

大手ハウスメーカーの中で、標準的な価格と言われています。

では、先ほどご紹介した平屋の価格はいくらくらいで建てられるかというと、

おおよそですが、セキスイハイムで平屋を建てる場合、2,000万円以上かかるようです。

セキスイハイムは安いハウスメーカーではないので、妥当といったところでしょうか。

どちらかというと、こだわった平屋が建てたい方におすすめです。

ただ、プランによって値段は変わってきます。まずは、見積もりを取ってみるといいかもしれません。

 

セキスイハイム中部

セキスイハイム中部は積水化学工業(株)の100%子会社で愛知県・岐阜県・三重県・石川県・福井県・富山県を中心に住宅事業を展開しています。

セキスイハイムはこのようにそれぞれの地域に拠点を置いて、住宅事業を展開しています。

 

セキスイハイムブログ

セキスイハイムで建てた方、建設中の方の実際の評判や口コミは気になりますよね。

そんな時はセキスイハイムブログで検索してみると、沢山の情報が出てきます。

ですが、口コミはあくまで口コミ、実際の判断は自分の目で見て、聞いて、納得のいく家づくりをしてくださいね。

 

セキスイハイムと積水ハウス

余談ですが、セキスイハイムと積水ハウスって名前が似ていますよね。どんな関係性なんでしょう?

セキスイハイムと積水ハウスは途中まで同じ読み方なので、同じ会社、またはグループ会社のように思えますが、実際は別々の会社です。

積水ハウスはセキスイハイムとは異なり、会社名で、元は積水化学工業のハウス部門として立ち上がったものの、1960年に分社化し、今の積水ハウス株式会社となりました。

そのため、社名である「積水」は積水化学工業の頃の名残だと言えます。

価格帯は同じくらいで坪単価70万円~80万円。

積水ハウスは、今やハウスメーカーのリーディングカンパニー。テレビCMでもおなじみですね。
200万戸以上の建築実績があり、2018年の売上高も2兆1,593億円と国内では敵なしのハウスメーカーです。
戸建て住宅だと、鉄骨1・2階建て、鉄骨3・4階建て、そして木造住宅を取り揃えています。

 

最強かも。あなたが建てたい家にかかる費用と間取り図がもらえる無料サービス!

ハウスメーカーが公表している坪単価は、大きく幅がって、目安にしかなりません。工務店になるとなおさら不明確でネットに落ちている情報だけでは詳しくわからないのが現実です。

じゃぁ、実際の建築費用を知るには、どうしたらいいでしょうか。

あなたの、理想的な間取りを実現するのに、おおよそどれくらい費用が必要か

を考えなければなりません。

実際には、間取りの打合せをする段階では、ハウスメーカーでも工務店でも契約をしてからになります。

でもそれだと、契約前に間取りの作成も出来ない、その間取りで建てた時に、どれくらいの費用になるかを各社で比較できない。

これは、家づくりにおける長年の課題でありました。

でも、私と同じような悩みをお持ちの方に朗報。とっておきの無料サービスがあります。

【簡易的な間取りを作成してほしい】【その間取りで建てた場合の費用】【(必要な場合は)あなたに合った土地探し】

一手に引き受けてくれる無料サービス「タウンライフ家づくり」です。

タウンライフ家づくり」では、

【簡易的な間取りを作成してほしい】【その間取りで建てた場合の費用】【(必要な場合は)あなたに合った土地探し】

の3つを、【あなたオリジナルの家づくり計画書】を全国各地のハウスメーカー、工務店から、任意の企業に依頼できる無料サービスです。

そんなサービスなかなか無いので注文住宅部門で3冠達成も頷けます。

実際に「タウンライフ家づくり」を利用して分かったメリッです。

ポイント

  • 間取り作成が簡単に依頼できる
  • その間取りで建てた場合の各社の見積もりがもらえるので、何にどれくらいかかるのか、判断しやすい。
  • 資金計画書もあるので、漠然としていた長期間にわたる返済が具体的にイメージできる
  • 希望であれば、土地探しもお手伝いしてくれる。(私はお願いしました。)
  • 無料で利用できる
  • 例えば、A社の間取りで気に入ったら、その間取りで他の企業にも見積もりをもらうことで、値引きがしやすい!

全国各地の600社以上の工務店、ハウスメーカーに選択式で依頼が出来て、信頼できる大手ハウスメーカーにも依頼できます。

 

私が何よりもうれしかったのは、要望をくみ取った間取りを作成してくれる所。


実際に複数のハウスメーカーから、各社の個性のある素敵な間取りをもらいました!

安心した点としては、「強引な営業や勧誘がない」点ですね。

ご利用になられる前に、私から少しだけより良く使う為のヒントを!

こちらのホームページはいろいろ特集があって、例えば「ハウスメーカー特集」とか、「間取り作成特集」とか。
つまり、そこに掲載されている工務店や、ハウスメーカーにも特色や得意・不得意があって、その得意だけを集めて紹介しているようです。
だから、どこから申込するかはとても大事。

メールでの営業はありましたが、電話営業などのストレスになる事はありませんでした。

値引きの実現も出来てきて、家づくりがお得に進捗しそうです!

 

これから家づくりを始める方は、使ってみても良いかもしれません

▼公式サイトはこちら▼

  • この記事を書いた人

目指せ!自宅買い替え奮闘中の主婦

私のプロフィール 年齢:34才 家族:旦那(34才)子供2人 趣味:旅行 職業:パート 将来の夢:マイホームの買い替え・・・。

-セキスイハイム
-

Copyright© 注文住宅ハウスメーカーマガジン , 2019 All Rights Reserved.