閉じる
閉じる
  1. タマホームのローコスト住宅の評判
  2. 東急ホームズは住宅への普遍のポリシーでファンも多いハウスメーカー
  3. 住友不動産のグッドデザイン賞を受賞した実力
  4. アイフルホームのシリーズ住宅
  5. アキュラホームの変幻自在な間取りの妙
  6. トヨタホームの間取りの自由度は鉄骨ユニット造だと限界がある
  7. アキュラホームのゼロエネルギーハウス
  8. 住友不動産の注文住宅は若干割安
  9. セキスイハイムの間取りの作成のキーワードは「動線」
  10. 注文住宅の構造・耐震・強度について
閉じる

注文住宅ハウスメーカーマガジン

ダイワハウスの高級路線のシリーズからリーズナブルなシリーズまで紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

注文住宅の事を考え始めたら
まずははじめの一歩。気軽にカタログ請求はこちら。

ダイワハウスでは、「Xevo(ジーヴォ)E」以外にも、さまざまなシリーズの戸建住宅がラインナップされています。

高級路線のシリーズから、リーズナブルなシリーズまであります。この2つのシリーズの価格を検証してみましょう。

 

鉄骨造のXevoシリーズの上位ブランドΣとは

軽量鉄骨ブランドの「Xevo」には、Eクラスの上にΣという上位グレードがあります。住宅展示場には、たいてい住宅メーカーが競い合うように、自社の最高シリーズの住宅をフル装備で展示しています。ダイワハウスでは、「XevoΣ」シリーズが、それに当たります。

 

Σは俳優・竹野内豊が出演しているテレビCMの住宅です。子どもたちが室内でボール遊びをしているメーキングです。バレーボールのように室内でボール遊びをしています。Σのウリは天井高が最高で2m72cmあります。Eクラスよりも30cm前後高くなっています。

 

このほかの違いは、基礎工事での鉄筋の本数が多く、設備も豊富に選べるという点があります。建材もランクアップしています。ダイワハウスの発表ではハイグレード仕様が2890万円台(74万円/坪)、スタンダード仕様が2640万円(67.7万円)です。総額では、それぞれ3760万円、3420万円が目安となります。

 

リーズナブルなシリーズはXevoV

ダイワハウスは、国内を代表するような注文住宅メーカーとあって、価格が全般的に高めです。しかし、リーズナブルな住宅もラインナップされています。比較的、購入しやすい価格帯であるのが、「XevoV」になります。

 

特徴は規格住宅になっており、希望の間取りがあれば、35坪程度で建物本体価格は2000万円、外構工事費などを含めて2500万~2600万円ぐらいが価格のボリュームゾーンになっています。

ダイワハウスのブランドにこだわるなら、この選択肢もアリです。希望の間取りやプランは限定されますが、低めの予算なら「XevoV」シリーズに着目です。住宅の建築費を抑えた分、キッチンやバスルームなど、ワンランクアップしてもいいでしょう。

住宅はトータルで考えてみることが大切です。

関連記事

  1. ダイワハウスの規格住宅の坪単価

  2. ダイワハウスのテレビCMの評判

  3. ダイワハウスの収納方法アイデア

  4. 子育てに最適な大和ハウスの間取り

  5. 時代のニーズに合わせたダイワハウスの評判

  6. ダイワハウスの坪単価目安

ピックアップ記事

  1. トヨタホームの商品ラインナップ比較 注目シリーズとはトヨタホームは、世界トップの自動車販売台数を…
  2. ポラスは埼玉県越谷市に本社を置く注文住宅メーカーです。全国展開をせず、地域密着をコンセプトに住宅…
  3. 一条工務店の注文住宅で、間取りの自由度やカスタマイズはどうなのでしょうか。高性能住宅でも、ライフ…
  4. 一条工務店で注文住宅を建てたいけど、坪単価がどうしても気になります。限られた予算の中で住宅を建設…
  5. 一条工務店はi-smart(アイスマート)で知られる住宅メーカーです。2016年度の販売供給…
ページ上部へ戻る