閉じる
閉じる
  1. エースホームの1,000万円台の注文住宅
  2. タマホームで成功の間取りへ
  3. 住友不動産の間取りは変幻自在
  4. アキュラホームのゼロエネルギーハウス
  5. タマホームの坪単価単価が25万円台だけど現実的には坪単価は40万~50…
  6. フィアスホームとGLホームの価格
  7. タマホーム独自の坪単価の算出方法
  8. リクシル住宅研究所の主力ブランドはアイフルホーム
  9. 東急ホームズ の間取りプランニングの自由度
  10. 大和ハウスはスポーツ、芸術にも支援
閉じる

注文住宅ハウスメーカーマガジン

注文住宅にかかる費用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

注文住宅の事を考え始めたら
まずははじめの一歩。気軽にカタログ請求はこちら。

 

注文住宅の購入を検討されていたり、もう既に決断された方から一番聞かれる質問として「注文住宅は一体いくらくらいかかるか?」という質問があります。もちろん、一概に「注文住宅は幾らくらいです。」と答えられることは不可能であり、注文住宅を建てたいエリアや、土地の状態、広さ、工法や構造、素材など、多くの要素によって注文住宅の価格は決まってきます。

そこで今回は、大まかな例を挙げながら、注文住宅の建築にかかる費用についてご紹介いたします。

 

どれくらいの費用が必要なのか

先ずは、注文住宅を建てる際に一番最初にきめておくべき要素の一つである、エリアを例にみていきましょう。

例えば、東京都と大阪府の注文住宅の平均相場をみてみると、

広さ約35坪で在来工法の場合、東京都では約2,100万円から約3,400万円、大阪府でもほぼ同様の約2,000万円から3,300万円が平均となっております。また、その他の地方で注文住宅の平均相場は、約1,700万円~約3,000万円となっております。もちろん、様々の諸条件によって注文住宅の価格は大幅に変わってきますが、凡その相場として参考にしていただけたらと思います。尚、上記の相場費用には土地代は含まれず注文住宅の建物の相場となります。

 

次に土地を習得するのにかかる費用についてご紹介いたします。

特に土地の取得に掛かる費用については、エリアによって大幅に変わってきたり、同じエリアでも立地によって変わってくることがあります。それでは、土地の取得にかかる費用はどのような要素で決まってくるのか見ていきましょう。先ずは、そのエリアの人気度が土地の価格が決まるのに一番大きな要素となります。その人気度が決まる要素として、交通の便であったり、住環境の良さ、生活の利便性などが挙げられます。また、交通や駅へのアクセスの良さ、高低差なども土地の価格に大幅に影響してきます。また、上記のようなエリアや人気度、交通の条件や生活上の利便性などに関わらず、取得する土地自体の条件によっては、注文住宅を建てる前に地盤調査の結果によっては地盤改良の工事費用がかかることもあるいますので、予め十分な検証が必要となります。加えて、既に建物が経っている土地に新たに注文住宅を建てる場合には、その建物を解体することになりますので、解体費用がかかってきます。

 

次に、注文住宅に掛かる費用に影響する要素として施工会社や住宅メーカーの選定が挙げられます。

主に、2つのタイプの業者に依頼することになるケースが殆どですが、1つ目が、工務店、もう2つ目が住宅メーカーが挙げられます。一概にはいえませんが、一般的には大手の住宅メーカーより工務店に依頼することで費用を抑えることができると考えられています。理由として、多くの工務店は地域やエリアに特化し広告宣伝に重点を置くことがなく、営業担当者を専門に雇用していない場合が多いため、そのような費用が販売価格に影響することがない点が挙げられます。また、中小規模で運営されている工務店の場合、特設の住宅展示場を設けていないことから、そのような費用の発生を抑えていることも挙げられます。また、業者選びの際に、建物自体のデザインを建築事務所などに依頼する場合には、別途設計費用がかかってきます。一般的に設計費用は、総工事金額の10%から15%が平均的な相場となります。

 

また、工務店、住宅メーカー、施工会社に関わらず、注文住宅の工法や構造に選び方によっても費用がかわってきます。

現在、日本では主に5つの工法・構造の種類があります。伝統工法、2×4工法、鉄筋コンクリート、重量鉄骨、軽量鉄骨の5つです。

まず、伝統工法は昔から日本で採用されている工法で日本の気候に適し、軽量で施行し易く、リフォームや間取りの変更も比較的し易い工法で、日本の注文住宅の7割から8割がこの伝統工法で建築されているといわれています。伝統工法は、他の4つの工法・構造と比較し、一番費用の低い工法です。次に、2×4工法は2×4インチの合板を組み合わせて建てられる工法で、伝統工法の次に費用を抑えられます。そして、鉄筋コンクリートは、コンクリートを流し込んで固定する工法です。一般的な鉄筋コンクリート構造の住宅費用は、5つの工法・構造の中では3番目に該当すると考えられます。重量鉄骨は、広い空間を必要とするマンションやビルの建築に採用される工法で、費用の面では一番高くかかります。そして、軽量鉄骨は、住宅メーカーでも住宅メーカーで最も採用されている構造で、重量鉄骨に比べ鋼材が薄い構造です。重量鉄骨の次に費用が必要となります。

 

注文住宅の建築に掛かる費用として最後にご紹介する費用として、幾つかの諸費用が挙げられます。

予算を決める際に、よく考慮に入れ忘れがちな費用ですが、諸費用の合計は、総建築費用の約10%近く掛かってきますので、必ず予算の中に含めておくようにしましょう。

まず、諸費用には注文住宅を建築する土地を取得する際に必要な仲介手数料があります。一般的には土地代の10%前後が目安となります。また土地を取得する際の所有権移転登記や所有権保存登記が必要となり、手続きの際に司法書士へ支払う登記手続きの手数料も考慮にいれておきましょう。次に、ローンを利用する場合に必要となる各手数料や印紙税、住宅の火災保険などのも計算しておきましょう。

このように、注文住宅には様々費用がかかってきますので、予算を決める最初の段階でどのような種類の費用がどれくらい実際に掛かるのかについて、十分に確認しておく必要があります。

 

 

注文住宅は業者選びがポイント(業者選びで、数百万円の差が!)

星の数ほどある業者(ハウスメーカー・工務店・設計事務所)の中から自分の資金計画に合ったハウスメーカー・工務店を選ぶのは至難の業です。依頼するハウスメーカーや工務店によって、また間取りをどのようにするかで、かかる総費用は大きな差が出てきます。

私の場合、全く知識がなかったので、各メーカーの出来る事、出来ないこと、そして価格帯を比較する為に見積りサイトで複数業者の相見積りを出すことから始めました(何度か各ハウスメーカーの展示場に足を運んだこともありましたが、イマイチ違いも分かりづらく、時間もかかるので、初期段階としては、私はオススメできません!)。

私が実際に使った一括見積もりサイトはここ

一括サイトも色々ありますが、間取りや土地の広さ、予算などを入力するだけで、地元業者から大手ハウスメーカーまで、様々なプランを無料で一括作成、比較できオススメです。入力も3分程しかかからないので簡単でした!

私はこちらの無料見積りサイトで比較検討を重ねたことで、想定していた予算から数百万のコストを削減することに成功しました。

関連記事

  1. 注文住宅をどこに依頼する?ハウスメーカー、工務店に建築家。あなた…

  2. 注文住宅の建て替え!気になる解体工事の相場感は?

  3. こんなにあった!注文住宅の費用を抑える方法!

  4. 1000万円台で注文住宅は実現できるのか?

  5. ハウスメーカーのメリットや、注文住宅のよくあるトラブル事例

  6. 注文住宅住宅で家を建てる方にまずは知ってほしい基本・お金・住宅ロ…

ピックアップ記事

  1. トヨタホームの商品ラインナップ比較 注目シリーズとはトヨタホームは、世界トップの自動車販売台数を…
  2. ポラスは埼玉県越谷市に本社を置く注文住宅メーカーです。全国展開をせず、地域密着をコンセプトに住宅…
  3. 一条工務店の注文住宅で、間取りの自由度やカスタマイズはどうなのでしょうか。高性能住宅でも、ライフ…
  4. 一条工務店で注文住宅を建てたいけど、坪単価がどうしても気になります。限られた予算の中で住宅を建設…
  5. 一条工務店はi-smart(アイスマート)で知られる住宅メーカーです。2016年度の販売供給…
ページ上部へ戻る