注文住宅全般

建売住宅と注文住宅の特徴と違いとは?

更新日:

建売住宅と注文住宅、
それぞれのメリットが何か詳しく知っておきたいですよね?
今回は検討するべきポイントをご紹介します!!

建売住宅と注文住宅

一戸建ての購入を考えるときには、
「建売住宅」にするか「注文住宅」にするかを決めることになります。

価格の違いと「考えることの少なさ」から建売住宅を選ぶ人も多いのですが、
実はもう少しじっくり検討するべきポイントがあるのです。

二つの特徴と違いを知ることが、どちらを買うかの判断の助けになります。

 

建売住宅と注文住宅の違い

建売住宅と注文住宅の一番の違いは、つくられ方にあります。

一言で言うと、
建売住宅はレディーメイド(既製品)であり、注文住宅はオーダーメイド(受注生産品)です。

建売住宅は、購入時点ですでに住宅が建設済みか、設計プラン作成済みです。

土地と住宅をセットで販売する方式になっており、
購入者は実物や設計資料を見て購入の是非を判断することになります。

実物がまだ建設されていない場合でも、設計から外れる形で建設されることはありません。
販売者は、同じような住宅をいくつか建てて販売することが通例です。

 

建売住宅の場合は、リビングは広い方が良い、1階に和室がほしいなどの希望がある場合、お気に入りの間取りが見るかるまで探し続ける必要があるのね。

 

注文住宅の場合は、土地選びと住宅建設を別プロジェクトとして進めるものです。

自分で建築士に設計を依頼し、施工会社に住宅を建設してもらいます
(もちろん、設計から建設まで一貫して同じ会社に依頼する場合もあります)。

建売住宅よりも、自由度が高いということになります。

 

水回りを2階にまとめたい、ランドリールームが欲しいなど、自由度が高い点は、注文住宅の最大のメリットといえそうです。

 

建売住宅は安くて実物をイメージしやすい

建売住宅のメリットは、価格が安くて実物のイメージがつきやすいことです。
価格が安いのは、当然何棟かまとめて建てる「レディーメイド」だからです。

自分で手間をかけなくても、短期間で住宅が手に入りますから、
お金だけではなく時間も節約できます。
コストパフォーマンスを重視する人であれば、
自分のセンスに見合った建売住宅を探して購入するだけでも十分でしょう。

建売住宅は、間取りや仕様、購入価格があらかじめ表示されています。
また、場合によっては実物がありますし、
実物がなくても設計自体はできていますから、イメージがつきやすいのも大きなメリットと言えます。
情報が豊富に得られるということです。

つまり、建売住宅の強みは効率性にあるのね。

価格は安く、情報収集と調査・検討・建設にかける時間は短く、
それでいて実物の情報は十分存在しています。
あとから「こんなつもりではなかった!」とトラブルになることが少なく、安心です。

その一方で、間取りや仕様などについての自由度はあまり高くありません。
基本的に既定の設計通りに建てられますから、自分の希望やこだわりを家のつくり自体に反映させることはほとんどできません。

しかし、一部カラーや設備の選択ができる場合がありますので、
そういう物件を探してみるのもいいでしょう。

 

注文住宅で味わえる「一国一城の主」の感覚

一方の注文住宅のメリットは、何と言っても自由度の高さにあります。

自分で家づくりに深くかかわる必要がありますから、
完成して住み始めたときの「一国一城の主」になれた感覚は、他では得られない特別なものです。

また、自分なりの工夫やアイディアを間取りや設備に反映させられます。
自分の家族構成やライフスタイルを考慮すると、いろいろと希望は出てくるはずです。

高齢の親と同居するので段差をなくしてほしい、子供が生まれるから収納がたくさんほしい、
自然光があふれる明るい家にしたい……など、
希望をかなえるためにあれこれ考えられるのが注文住宅です。

自分たち家族だけの、オリジナルの家!憧れてしまいます。

さらに、完成品だけではなく、住宅が建つプロセスにも「わくわく感」を持てるのが注文住宅のよさです。
住宅が完成するまでの過程を、一からチェックできます。

実際に家を建てる大工さんとも、
コミュニケーションしながら「一緒に家を建てている」という一体感を味わうことができます。

ただし、建売住宅に比べて費用がかかり、
家が建つまでに時間がかかることは覚悟しておかなければなりません。
自由度が高いといっても、予算や構造上の制約により希望のすべてをかなえることはできない可能性もあります。

 

ある程度、注文する側も知識をつけておくことも大切です。

最後に、自分たちだけではわからない場合には、
信頼できる住宅会社に相談することも大切なポイントとなります。
工務店か、ハウスメーカーか、其々に得意分野があり拘りがあります。
信頼できる相談先を見つけて、家族みんなが満足できる家づくりを是非実現してください!

自分の家を建てるのにかかる坪単価・費用を詳しく簡単に知る方法

ハウスメーカーが公表している坪単価は、大きく幅がって、目安にしかなりません。工務店になるとなおさら不明確でネットに落ちている情報だけでは詳しくわからないのが現実です。

じゃぁ、実際の建築費用を知るには、どうしたらいいでしょうか。

あなたの、理想的な間取りを実現するのに、おおよそどれくらい費用が必要か

を考えなければなりません。

実際には、間取りの打合せをする段階では、ハウスメーカーでも工務店でも契約をしてからになります。

でもそれだと、契約前に間取りの作成も出来ない、その間取りで建てた時に、どれくらいの費用になるかを各社で比較できない。

これは、家づくりにおける長年の課題でありました。

私も、これで失敗しています。

でも、私と同じような悩みをお持ちの方に朗報。とっておきの無料サービスがあります。

【簡易的な間取りを作成してほしい】【その間取りで建てた場合の費用】【(必要な場合は)あなたに合った土地探し】

一手に引き受けてくれる無料サービス「タウンライフ家づくり」です。

「タウンライフ家づくり」では、

【簡易的な間取りを作成してほしい】【その間取りで建てた場合の費用】【(必要な場合は)あなたに合った土地探し】

の3つを、【あなたオリジナルの家づくり計画書】を全国各地のハウスメーカー、工務店から、任意の企業に依頼できる無料サービスです。

実際に「タウンライフ家づくり」を利用して分かったメリットは6つです。

ポイント

  • 間取り作成が簡単に依頼できる
  • その間取りで建てた場合の各社の見積もりがもらえるので、何にどれくらいかかるのか、判断しやすい。
  • 資金計画書もあるので、漠然としていた長期間にわたる返済が具体的にイメージできる
  • 希望であれば、土地探しもお手伝いしてくれる。(私はお願いしました。)
  • 無料で利用できる
  • 例えば、A社の間取りで気に入ったら、その間取りで他の企業にも見積もりをもらうことで、値引きがしやすい!

全国各地の600社以上の工務店、ハウスメーカーに選択式で依頼が出来て、信頼できる大手ハウスメーカーにも依頼できます。

 

何よりも一押しのサービスが、要望をくみ取った間取りを作成してくれる所。


実際に複数のハウスメーカーから、各社の個性のある素敵な間取りをもらいました!

安心した点としては、「強引な営業や勧誘がない」点ですね。

メールでの営業はありましたが、電話営業などのストレスになる事はありませんでした。

値引きの実現も出来てきて、家づくりがお得に進捗しそうです!

 

これから家づくりを始める方は、使ってみても良いかもしれません

▼公式サイトはこちら▼

  • この記事を書いた人

目指せ!自宅買い替え奮闘中の主婦

私のプロフィール 年齢:34才 家族:旦那(34才)子供2人 趣味:旅行 職業:パート 将来の夢:マイホームの買い替え・・・。

-注文住宅全般
-, , , ,

Copyright© 注文住宅ハウスメーカーマガジン , 2018 All Rights Reserved.