注文住宅全般

ハウスメーカー10社の注文住宅 商品ラインナップ徹底解説

更新日:

トヨタホームの商品ラインナップ比較 注目シリーズとは

トヨタホームは、世界トップの自動車販売台数を誇るトヨタグループの住宅販売部門です。自由設計の鉄骨系で、数々の商品をラインナップしています。

平屋建て、2階建て、3階建てなど外観に応じて、各種商品を展開しています。

シンセリーズは豊富な種類を展開する主力

トヨタホームの主力商品は、SINCE(シンセ)シリーズになります。

平屋建てから3階建てまでの全シリーズでシンセをラインナップしています。シンセシリーズは鉄骨ラーメン構造のプランになっています。
シンセシリーズには、太陽光によるソーラー発電を備えた「シンセ・グレートソーラー」があります。

エコ住宅として注目されている商品で、光熱費ゼロを前面に打ち出しています。平屋と2階建ての各シリーズで、同商品をラインナップしています。

主力商品としては、「シンセ・スマートステージ」があります。

強固な構造体が特徴で極力、柱や梁(はり)をなくし、大空間と大間口を実現しています。最大で35畳相当の大空間を確保することができ、光があふれる大空間を実現できるのが特徴です。

もう一つのブランドはエスパシオシリーズ

トヨタホームにはESPACIO(エスパシオ)シリーズもあります。

鉄骨軸組工法を採用し、独自のEST工法で、より細かいカスタマイズが可能です。

「エスパシオ GARAGE STYLE+」は、玄関前に駐車スペースを配置し、車と共生するようなトヨタホームらしい商品ラインナップです。

【トヨタホームのこのほかのラインナップ】

  • シンセ・スマートステージZERO
    ・ゼロエネルギーハウス(ZHE)で家庭の1次エネルギーの消費ゼロ以下を実現
  • シンセ・はぐみ
    間取りの中央に大空間リビングを配し、親子の距離もぐっと間近に
  • エスパシオEF アーバンウィンド
    独得の外壁は個性的なフォルムを主張。洗練されたデザインと機能美が高次元で融合
  • エスパシオ 都市のひだまり
    狭小地でもスペースを確保できる都市型の3階建て住宅

 

パナホームの商品ラインナップ比較 注目シリーズとは

パナホームはユーザーのライフスタイルに合わせて、さまざまな商品をラインナップしています。

家族や子育て世代をターゲットにした商品から、高級路線まで複数のシリーズをラインナップしています。

そんなパナホームの商品ラインナップを比較しました。

主力は豊富な種類のカサートシリーズ

パナホームの主力商品は、CASART(カサート)になります。

平屋や2階建て住宅の専用シリーズです。耐震構造はもちろん、高断熱&高気密のエコ住宅として定評があるシリーズです。

ユーザーの多様なライフスタイルに適合するデザインの自由度があります。

インテリアは、床面を下げて天井高を確保したダウンフロアリビングが、開放感を演出します。

エクステリアで特徴的なのが、切妻屋根と深い庇(ひさし)に象徴されるフォルム。

太陽光を効率よく受け止めるソーラーパネルも、デザインと同化しています。

上級シリーズには、カサートプレミアムがあります。先鋭の空調システムを採用し、室内の温度差を軽減し、快適性能を追求しました。

質の高いデザイン性で「2017年度グッドデザイン賞」を受賞しています。

 

高層住宅にも対応のビューノ

パナホームは、3~9階建ての高層住宅も商品ラインナップにあります。Vieuno(ビューノ)3E/Sは、業界最小の15cmの設計モジュールとあって、建ぺい率と容積率が最大限に生かせる空間設計が特徴です。

エレベーターを標準装備しています。

重量鉄骨造のビューノは、最大で9階建てまで建築可能なシリーズです。

オーナーの自宅以外にテナントや賃貸住居を併設することによって、家賃主入を確保できる資産としても注目されているシリーズです。都市空間に適合するデザイン性の高さもあります、

【パナホームのこのほかのラインナップ】

  • ECO CORDIS(エココルディス) Ⅱ
    太陽光を生かすソーラーシステムを搭載したエコと自然が調和した住宅

 

ユニバーサルホームの商品ラインナップ比較 注目シリーズとは

ユニバーサルホームは、ローコストのフランチャイズ(FC) のハウスメーカーです。

幅広い層をターゲットにした商品ラインナップを展開しています。

ローコストメーカーの中でも価格的には、上位に位置する商品ラインナップを見ていきます。

注目は天井高3.7mの「ラビスタ」

ユニバーサルホームの商品ナインナップで注目は、2018年4月7日から全国で発売された「ラビスタ」です。

住宅というよりも、まさに店舗といった感覚で天井高は3.7m。
木造軸組構造の2階建てで、1階リビングの天井高は従来よりも約1.3mも高くなっています。

このハイリビング化によって、従来の渋滞では実現できなかった開放感を満喫できます。
天井高を生かし、上部をスキップフロアにする設計も可能。
例えば収納スペースを設けたり、こう配を生かした屋根裏部屋など、さまざまなバリエーションの展開が可能です。

ラビスタは「タテに広がる贅沢なハイリビング」を掲げ、ユニバーサルホームの商品ラインナップで今後、期待されるシリーズです。
天井高が確保できれば、リビングが実際の面積よりも広く感じます。
スペースの有効活用を具現したシリーズともいえますね。

スマート住宅は「ソラ・イロZEH」

ユニバーサルホームの環境に優しいエコシリーズに、「ソラ・イロZEH」の商品がラインナップされています。

自然エネルギーの地熱と太陽光を有効活用しながら、CO2の削減や光熱費などのランニングコスト削減を可能にします。
コンセプトは「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」で、アルファベットで表現した「ZEH」は、年間の消費エネルギーがゼロ、またはゼロ以下の住宅を意味しています。

まさに、これからの住宅に必須で、各住宅メーカーもスマート住宅の開発で力を入れています。

【ユニバーサルホームのこのほかの主な商品ラインナップ】

  • ムク・ヌク
    床材は全て無垢(むく)フローリングで、無垢材の調温・調湿で年中快適
  • Rコンセプト
    ファサードは柔らかな曲線を描き、優しいデザインが特徴のシリーズ
  • ルピオス
    間取りの中心にキッチンを配置、回遊効果で家事効率がアップします

 

リクシルの商品ラインナップ比較 注目シリーズとは

リクシル住宅研究所はリクシルグループの住宅メーカーです。

20~30代の若年層を中心としたローコスト住宅を中心に、多様な商品をラインナップしています。

フランチャイズ(FC)で「アイフルホーム」「フィアスホーム」「GLホーム」の3ブランドを展開しています。

アイフルホームの商品ラインナップ

アイフルホームは、リクシル住研の中でも中心のブランドです。

商品ラインナップの主力は、2階建ての注文住宅セシボの各シリーズで、2017年9月に2年ぶりのフルモデルチェンジをしています。

同シリーズのフルモデルチェンジは「セシボ極(きわみ)」「セシボ零(ゼロ)」「セシボ爽(そう)」の日本語の響きを生かしたおなじみのブランドです。

エコ住宅のZEH(ネット・エネルギー・ゼロ・ハウス)の性能をさらにアップさせ、住宅としての進化も遂げました。

フィアスホームの商品ラインナップ

フィアスホームは、ローコスト住宅よりも、若干高めの価格帯で商品をラインナップしています。

ローコスト住宅と一般的な住宅メーカーの間に位置するような価格帯が、ボリュームゾーンとなっています。

フィアイスホームの主力の商品ラインナップは、「アリエッタ」です。スマートハウスの先駆的なシステムを導入。

ライフラインが止まっても。LPガスと発電ユニットで電気やガスを供給できます。

このほか、3階建の「アリエッタ・イクス」など5シリーズを展開。

GLホームの商品ラインナップ

GLホームは、国内で最初のツーバイフォー(2×4)工法のFC企業で、商品をナインナップしています。

最近ではツーバイフォーをさらに進化させたツーバイシックス(2×6)の商品ナインナップも増えてきました。
商品ラインナップの中で主力は「ウッズヒル」です。

欧州や南米調のデザイン住宅が特徴でウッズヒルシリーズは「スパニッシュ」「アーリーアメリカン」「スパニッシュ ワンズコート」「フレンチ」など7種を展開。
色あせないデザインの高さに定評があります。

 

三菱地所ホームの商品ラインナップ比較 注目シリーズとは

三菱地所ホームは、住宅メーカーとして先駆的に全館空調システムの「エアロテック」を標準装備しました。

注文住宅として、ツーバイフォー(2×4)を進化させたツーバイネクスト(2×NEXT)が特徴です。そんな三菱地所ホームの商品ラインナップを比較しました。

主力はワイズシリーズ

三菱地所ホームの注文住宅で、主力の商品にラインナップしているのがWIZE(ワイズ)シリーズです。

システム設計住宅としてZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)、全館空調の「エアロテック」が標準装備しています。

商品タイプは平屋から2階建てに対応した「WIZE-H(ワイズエイチ)」と、狭小地でも建築可能な「WIZE-U(ワイズユー)」の2シリーズをラインナップしています。
高性能住宅でありながら、リーズナブルで1,980万円(税別)からとなっています。

太陽光発電などを標準装備しているスマートハウスで、窓にはアルゴンガスをガラス内に充てんした樹脂サッシを採用。
1クラス上の高い断熱性能を誇り、省エネ住宅として細部まで妥協のない造り込みをしているのが特徴です。

オーダーグランは贅を極めたシリーズ

三菱地所ホームの上位グレードに位置するのが「ORDER GRAN(オーダーグラン)」です。
まさに邸宅というべき高級感をあふれさせ、世界で唯一独自のカスタマイズが可能。商品ナインアップの中でも圧倒定な存在感を醸し出しています。
オーダーグランは、三菱地所ホームのフラッグシップブランドです。木造2×NEXTによる高レベルな工法で、世界的なデザイナーが監修をしています。2016年から富裕層向けに販売を始めた商品です。

【三菱地所ホームのこのほかの商品ナインナップ】

  • 自由設計住宅(ONE ORDER)
    顧客のライフスタイルなどに合わせた完全オーダーメード住宅。エクステリアを白にこだわった住宅、天然石をふんだんに使用した住宅、数千冊の蔵書をインテリアと同化させた住宅など要望に応じた家づくりが可能になるプラン。

住友不動産の商品ラインナップ比較 注目シリーズとは

住友不動産は、注文住宅のハウスメーカーで「J・アーバンシリーズ」を中心に、3つのJシリーズの商品をラインナップしています。

最近ではデザイン力の高さに注目を集めています。そんな住友不動産の商品ラインナップを比較してみました。

主力ブランドはJ・アーバンシリーズ

住友不動産の商品ラインナップで、主力を担っているのがJ・URBAN(J・アーバン)シリーズです。住友不動産のJシリーズは2014年から17年まで4年連続でグッドデザイン賞を受賞。

多方面から高評価を博している商品です。
Jシリーズの商品ラインナップは「プレミアム.J」「J・アーバン」「J・レジデンス」を展開しています。

近代的なハイクオリティーなモダンデザインが特徴の注文住宅です。J・アーバンは都市型住宅のスタイリッシュなデザイン感覚が秀逸です。
グッドデザイン賞は16年に「プレミアム.J前橋」「プレミアム.J横浜」「JアーバンⅢ 赤羽」の3モデルハウスで、トリプル受賞しています。
国内で展開してい注文住宅メーカーで、デザイン力の高さを不動のものにしています。

J・レジデンスは贅を凝らした邸宅

住友不動産のハイクオリティー住宅で定評があるのが「J・レジデンス」です。

こちらもグッドレジデンス受賞シリーズで、深い軒による陰影のコントラスト、シャープな水平ラインがエクステリアの美的センスを高めています。特徴的なのは軒を最大で1.4mまで伸ばすことができ、住宅にさらに掘りの深さを演出する表情を見せてくれます。

この軒を有効活用し、2階の四隅全てにバルコニーを設置し、部屋との一体感を見事なまでに表現しています。

【住友不動産のこのほかの商品ナインナップ】

  • J・アーバンコート
    日本の郊外の街並みに調和するモダンデザインが特徴的」な住宅
  • J・アーバントラッド
    伝統的なシルエットを重視し、新たらしい都市型住宅を主張する住宅
  • J・アーバンクリスタ
    スタイリッシュな空間でライフスタイルにこだわる女性に最適な住宅

大和ハウス工業の商品ラインナップ比較 注目シリーズとは

ユニークなテレビCMでおなじみの大和ハウス工業は、注文住宅メーカーです。

さまざまなニーズに応えた商品ラインナップを整えています。業界の中でもトップクラスの売り上げを誇る大和ハウス工業の商品ラインナップを見ていきます。

主力ブランドはジーヴォシリーズ

大和ハウス工業の主力シリーズは「xevoΣ(ジーヴォシグマ)」になります。

テレビCMなどで大々的にPRしているポイントは天井の高さです。天井高は272㎝という余裕のサイズです。一般的な住宅では240㎝が標準仕様ですので、高さをすぐに実感できます。天井高の余裕がもたらす恩恵は、たくさんあります。

  1. 開放感があること
  2. 上部に設置できる窓からの採光に優れていること
  3. 屋根裏収納などのスペースを確保できること―などです。

天井高があれば実際の面積よりも、かなりの広さを感じるはずです。

ジーヴォシグマには、天井高以外にもメリットがあります。年中快適に過ごせる外張り断熱、持続型耐震の各設備を備え、これらも前面に打ち出しています。
耐震構造の強化によって、間取りのカスタマイズに幅広く対応できるのもポイントです。

スカイエは3~5階建てに対応できる

大和ハウス工業の商品ラインナップを比較すると、重量鉄骨住宅の「SKYe(スカイエ)」も見逃せません。

特に都市部では狭小地などで限られたスペースを有効活用できます。重量鉄骨を構造体としており、最大で5階までの施工が可能になります。

スカイエでは一般的な住宅のほか、二世帯住居も可能です。階数によって居住スペースや生活スペースをしっかり分けて確保できるのもメリットです。
のため、オーナーの住宅に加え、賃貸スペースを併用して家賃収入を得ることもできます。

【大和ハウス工業のこのほかの商品ラインナップ】

  • PREMIUM GranWood(プレミアムグランウッド)
    木造住宅の最高級ブランドで、細部まで徹底的な造り込みをしています
  • xevoΣ 平屋暮らし
    日だまりをつくる深い軒下がゴージャスな雰囲気と和の伝統を感じさせます

日本ハウスの商品ラインナップ比較 注目シリーズとは

日本ハウスは、日本ハウスホールディングスが運営母体の木造住宅メーカーです。

旧称は東日本ハウスでしたが、西日本にも営業展開しており、2015年5月に現在に社名に変更しました。そんな日本ハウスの商品ラインナップを見ていきます。

主力商品は「檜の家やまと」シリーズ

日本ハウスの商品ラインナップの主力は、「檜(ひのき)の家やまと」の「館」「華」の両ブランドになります。

その名の通り、防湿効果もある高級木材のヒノキをふんだんに用いた住宅です。
同社は2018年2月に創業50周年を迎え、これを記念して商品仕様を変更しました。

「檜の家」が全商品に標準仕様となりました。「館」と「華」の両ブランドには、
ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)を標準仕様とし、最新のエコ機能を持たせています。

やまとシリーズは、和風モダンの定評のあるシリーズです。
ヒノキは古くから日本の住宅づくりには欠かせない建材です。
ヒノキの強度は木材となってから200年は持続するとされます。
日本ハウスでは国産ヒノキを柱と土台に主に使用しています。

Jステージ・シリーズは木造提案住宅

日本ハウスの商品ラインナップでは、木造提案住宅として「Jステージ・シリーズ」も展開しています。
「J-SUNSHINE」「J-CERAMIC」「J-WARM」の3ブランドで、それぞれ個性の異なる住宅です。

ライフスタイルや趣向に合わせて選択できる利点があります。

「J-SUNSHINE」は太陽光発電や燃料電池などによる「創エネ」効果でエネルギー収支をゼロを目指した住宅です。

「J-CERAMIC」は外壁をタイルバ張りとし、長期間の美しさを実現させたモデル。「J-WARM」は高断熱と高気密を実現させました。

【日本ハウス工業のこのほかの商品ラインナップ】

  • Avance(アヴァンス)
    都市型狭小住宅で限りある敷地を有効活動し、2階建て~3階建てまで対応
  • Vert(ヴェール)
    都市の緑化に配慮した緑あふれる住宅で、屋上ガーデニングが楽しめる

東急ホームズの商品ラインナップ比較 注目シリーズとは

東急ホームズは、北米仕様のデザインや構造を受け継いだ注文住宅メーカーです。

1973年に米国・シアトル郊外の高級住宅地として誕生した地域をルーツに持ちます。

本格的な北米の輸入住宅で、その商品ラインアップも豊富です。

多彩なシリーズを持つ「ミルクリーク」

東急ホームズのミルクリークは、デザインコンセプトとして「経年美化」を掲げています。

時がたっても色あせない伝統的デザイン様式を継承しています。時代のトレンドに流されることなく、確固たる伝統を今に引き継ぐことに定評があります。

ミルクリークの商品ラインアップは、トラディショナルで全8シリーズを展開しています。

米国で最も幅く普及している様式の「ノーブル」は、米国の定番住宅です。映画やテレビなどのシーンで、登場するおなじみの住宅です。

その一方で欧州の伝統様式を取り入れたシリーズもあります。鮮やかな青空に映える「ミルクリーク・ビアロッソ」は、南スペインのヴィラを思わせるリゾート気分に浸れる住宅。

「ミルクリーク・ロイヤル」は欧州の重厚で正統的なスタイルを具現しています。

マスターシリーズは2種類を用意

ミルクリークには上位シリーズとして、個性の違う2ブランドを用意しています。

「ミルクリーク・マスターズ・パリス」は、まるで映画のワンシーンで出てくるようなパリの街並みを思わせます。モダンエレガントなたたずまいが特徴です。

もう一つが「ミルクリーク・マスターズ・アーバニー」です。

現代風の都市型のスタイリッシュな住宅で、中庭のようなスペースで家族のコミュニケーションも深まります。採光や通風にも優れた高性能住宅です。

【東急ホームズのこのほかの商品ラインナップ】

  • ミルクリーク・ヘリステージ
    伝統と格式に彩られた迎賓館のような重厚感あふれる邸宅で高級感が漂う
  • ミルクリーク・コレクト
    米国の広大な農村風景をほうふつとさせるファームハウススタイルの住宅

積水ハウスの商品ラインナップ比較 注目シリーズとは

積水ハウスは、軽量鉄骨系が中心の注文住宅メーカーです。

長らく鉄骨系の住宅メーカーとしてイメージされていましたが、最近では木造系の住宅の展開にも力を入れています。

そんな積水ハウスの商品ラインナップを見ていきます。

商品ラインナップは3つに分類される

積水ハウスの商品ラインナップは、構法別に3つに分類されます。

鉄骨1・2階建てが「ユニバーサルフレーム・システム構法」、鉄骨3・4階建てが「β(ベータ)システム構法」、木造住宅が「シャーウッド構法」によって施工され、区分されています。

主力商品はイズシリーズです。最高峰に位置するのが「IS STAGE(イズ・ステージ)」です。

ユニバーサルフレーム・システム構法は、地震に強く、設計の自由度が高いのが特長です。

積水ハウスを代表するような邸宅として、高級感あふれる造りになっています。

「イズ・ロイエ」は重厚感に加え、デザイン性も同時に進化させた次世代型の邸宅がコンセプトです。
「イズ・オーダー」は外壁に特徴がある邸宅で、長期間の堅牢と美を持続させるダインコンクリートで覆っています。

木造のシャーウッドは全10種類を展開

積水ハウスで近年、注目されているのが、独自技術のシャーウッド構法による商品ラインナップです。
現在、10種類を展開しています。平屋から大型邸宅まで多様な種類を擁し、「パーソナルオーダーメイド」の3タイプを用意しています。

木造系の住宅シリーズも、「イズ・ステージ」と同様にこだわりや高級感を随所に表現しています。

「縁(ゆかり)の家」は純和風の邸宅で、屋根瓦や外壁、インテリアに至るまでハイクオリティーな質感を表現しました。日本の伝統美を感じさせてくれます。

【積水ハウスのこのほかの商品ラインナップ】

  • ビエナ
    鉄骨系の3階建て住宅で、光と風をデザインする快適空間がコンセプト
  • マキシオ
    木造のシャーウッド構法による3階建てで、吹き抜けや屋上にテラスを配置しました
  • この記事を書いた人

目指せ!自宅買い替え奮闘中の主婦

私のプロフィール 年齢:34才 家族:旦那(34才)子供2人 趣味:旅行 職業:パート 将来の夢:マイホームの買い替え・・・。

-注文住宅全般

Copyright© 注文住宅ハウスメーカーマガジン , 2018 All Rights Reserved.