日本ハウス

日本ハウスは坪単価は55万~

注文住宅の日本ハウスの価格について、見てみましょう。

大手のハウスメーカーだけに、どのぐらいの価格になるのでしょうか。

高級木材の檜(ヒノキ)を構造材などに取り入れているので、価格が非常に気になるところです。

 

坪単価は55万~が一つの目安

日本ハウスの価格について見てみましょう。

価格の基準になる坪単価は55万~が、最多の価格帯になります。

大手ハウスメーカーの中では、平均的な坪単価か若干下回るような感じになります。

坪単価×建坪がおおよその価格の基準になります。

 

日本ハウスは購入しやすい価格帯ですが、気になるのは設備のクオリティーですよね。

でも、心配しなくも大丈夫です。

標準設備のグレードでも、上級クラスをラインナップしています。

キッチン、浴室、トイレ、洗面台など基本プランで十分という施主の声も多いのです。

 

注文住宅の建設で、当初の予算をはみ出す要因に、これらの設備の追加があります。

水回りの設備、床材やクロスなどをグレードアップすれば、数百万円単位で費用が加算されるケースもあります。

標準仕様で満足できれば、安心して予算を組めることになります。

 

住宅購入関連のその他の費用もかかる

日本ハウス住宅購入には、さまざま課程を経て購入に至ります。

「モデルハウスの見学」→「営業マンとのヒアリング」→「プラン・計画の作成」→「仮契約」の流れが一般的でしょうか。

その中で敷地調査や地盤調査などに5万円がかかります。

 

この5万円が最初にかかる費用になります。

さらに、営業マンと打ち合わせてプランを煮詰めていくことになります。

同時に銀行などの金融機関で借り入れの調査を行い、仮契約の段階には100万円を支払って着工に入ります。

 

着工までに100万円超の費用を捻出しなければなりません。

しかし、これらのお金は、トータルの金額と相殺する形になります。

例えば、総額の見積もりが3,000万円になれば、2,900万円になるということです。

100万円が余計にかかる、というわけではありません。

今日も部屋の中を見てうんざりする・・・

できるだけ要らないものは処分して生活しようとしているけど、

そもそも収納スペースが足りない。。。

はぁ。収納に困らない生活がしたい・・・

結婚して、1LDKの10万円の賃貸マンションに引っ越したけど、

1年半で収納場所に限界を感じてる。。。

部屋に物が溢れない生活がしたいけど、

同じくらいの家賃でもっと収納場所のある賃貸物件を探しても

条件に当てはまる物件は0件です

と表示されるので、探すのはあきらめた。

 

しかし、外から家に帰るたびに、物であふれて牢屋のように

狭くなった部屋を見ると毎回ため息があふれる・・・。

 

 

 

 

友人の裏技「タウンライフ家づくり」ってなに?

友人から教えてもらった裏技は、、、

「タウンライフ家づくり」を使うということ。

 

タウンライフ家づくりとは?

こちらからの希望や要望を伝えるだけで、複数のハウスメーカーから希望・要望に合った「間取り」「資金計画」「土地探し」の計画書が提案してもらえるんです!

しかも!計画書作成は無料!

 

タウンライフ家づくりを使うだけで注文住宅が格安に建てられるなんて胡散臭そう。。。

 

と思った方、ちょっと待って。

注文住宅(オーダーメイド住宅)を格安に建てられる理由は

  1. ローコスト住宅を選ぶ(大手ハウスメーカーが資材を大量に発注することでコストダウンするから品質に問題なし)
  2. 住宅展示場の人件費を削減できる
  3. 広告費の削減ができる

つまり、注文住宅(オーダーメイド住宅)を建てたい!というあなた自身が、

タウンライフ家づくりを通じてハウスメーカーに希望・要望が伝えられるから、

無駄な費用が抑えられて格安に建てられるということ!

 

使い方は超簡単でした!

まず、家を建てたい都道府県と市区町村を選択

次に建てたい家の希望・要望を入力します

 

最後に気に入ったハウスメーカーを選択するだけ!(もちろん複数選択可能です)

 

 

たったこれだけの作業で資料が届きました!

 

 

 

注文住宅(オーダーメイド住宅)を建てるなんて、夢のまた夢のようだと思っていましたが、

タウンライフ家づくりで相談してみたら難しくないことだとわかりました。

ご利用になられる前に、私から少しだけより良く使う為のヒントを!

こちらのホームページはいろいろ特集があって、例えば「ハウスメーカー特集」とか、「間取り作成特集」とか。
つまり、そこに掲載されている工務店や、ハウスメーカーにも特色や得意・不得意があって、その得意だけを集めて紹介しているようです。
だから、どこから申込するかはとても大事。

【完全無料】間取り・費用比較は⇒

 

住宅ローン返済額の平均は1か月約9.7万円!

 

本当に注文住宅の方が賃貸の家賃よりも安いの?

と疑っている人もいるかもしれません。

例えば私の場合、

 

つまり、家賃10万円以上支払っているという方は、

家賃よりも安い支払い金額で

注文住宅(オーダーメイド住宅)が建てられるということに!!!

結論、賃貸よりも確実にお得!!

消費税増税したからといって時期が悪いなんてことはない!

消費税増税しちゃったから、注文住宅なんて高額なもの無理・・・

私も、そう思っていました。
ただ、この考え全然間違っていました。

増税したからと言って、家が買えなくなってしまっては経済はまわりません!

住宅ローン減税の控除期間が3年に延長して、建物購入価格の消費税2%分減税されます。

さらに、すまい給付金が最大50万円もらえるので、増税前よりもお得に家が建てられるということです。

 

増税したから、注文住宅なんて私には無縁なんてことはありませんでした!

 

注文住宅を建ててわかったオーダーメイドって最高!

賃貸住宅に住んでいれば、

2年毎に更新料を支払わなければならなかったり

良い物件を探しても見つからなかったり・・・

しかし、注文住宅を建てたら収納のストレスもなく

自分のしたかった暮らしができます。

 

もちろん、予算に合わせて削る部分も出てくるでしょう。

それでも、家に不満を持ちながら家賃を無駄に支払っている毎日よりも、

自分が満足できる暮らしを手に入れることができて、さらに家賃よりも支払額が少ないって最高じゃないですか?

私はこれでストレスフリーになりました!

\家を建てるなら、まず/

  • この記事を書いた人

賃貸から戸建て!主婦の家づくり奮闘日記

私のプロフィール 年齢:34才 家族:旦那(34才)子供2人 趣味:旅行 職業:パート 将来の夢:マイホームの買い替え・・・。

-日本ハウス
-

Copyright© 注文住宅ハウスメーカーマガジン , 2020 All Rights Reserved.