注文住宅全般

ローコスト住宅でお洒落な家を作ろう。失敗事例や後悔事例のブログも紹介。

投稿日:

せっかく家を建てるのなら、やはり、ローコストでお洒落な家がいいですよね!ここでは、おしゃれで安く建てられるハウスメーカーから、後悔したこと、失敗しないために気をつけることまでいろいろご紹介します

ローコスト住宅の価格はいくらくらい?

一般的な住宅の坪単価相場は住宅を建設する場所にもよりますが、80~90万円ほどです。

しかしローコスト住宅は、坪単価30万円~60万円が価格相場となっています。

ローコスト住宅総額

ローコスト住宅の総額の一つの目安として、1000万台というのが挙げられます。

延床32坪、全てコミで1,660万円で建てられました!

という声もありますので、不可能ではないのですね!

ローコストでおしゃれな家!おしゃれで安いハウスメーカーは?

では、おしゃれで安いプランのある、ハウスメーカーをご紹介します。

トヨタホーム

デザインも住宅性能もこだわりたい方に~LQ(エルキュー)坪単価40万円台~

住友不動産

坪40万円台からの都市型デザイン住宅

「J・アーバン」は2003-2004年のグッドデザイン賞を受賞、その後に登場した「J・アーバンコート」「J・アーバンⅢ」「J・アーバンクリスタ」も同賞を獲得しました。

センチュリーホーム

センチュリーホームは派手なCMや豪華なカタログを作らず、無駄を省き、また大手材料装備メーカーなどと共同生産することで、さらなる材料&装備費のコストダウンを図って、おしゃれな坪単価30万円台〜の家を実現しています。

超ローコスト住宅とは?

「超ローコスト」とうたわれている住宅はさらに安く、その多くがなんと坪単価30万円以下! 30坪の家ならなんと900 万円で建てられる計算です。これは本当なの? いったいぜんたいなぜ新築の一戸建てが、このような金額で建てられるのでしょうか。

超ローコスト住宅を手がけているのはどんな会社?

家づくりのおもな依頼先には、ハウスメーカー、工務店・ハウスビルダー、設計事務所などがありますが、超ローコスト住宅を手がけているのは、いわゆる「パワービルダー」です。
「パワービルダー」とは、ハウスメーカーではなく、建て売りの分譲住宅をおもに扱う不動産会社で、施工は下請けの工務店が行います。

パワービルダーは、土地と建物( 参考プラン )をセットにして販売し、その合計を利益ととらえていること。
つまり土地の売却で利益を上げられれば、建物で儲ける必要はそれほどないわけです。なかには建物の値段を実際より安く設定し、その分を土地の値段に上乗せすることで、トータルの利益を出しているケースもあります。

ただ、こうしたシステムで建物の価格を抑えている以上、すでに所有している土地に建物だけを建ててもらうのは難しいでしょう。もし依頼できたとしても、坪単価30万円以下という価格にはならないと考えたほうが良いかもしれません。

ローコスト住宅の間取りは?

ローコスト住宅の間取りの基本ルールは“ シンプル& コンパクト"

建物全体の形状では、正方形/ 長方形のシンプルな箱型がもっともローコストとされています。おもな理由は、外壁の表面積を減らせること。広さが同じでも、凹凸の多い複雑な建物のほうが、四角形の建物に比べて外壁の表面積は大きくなります。また、角( 建物のコーナー )が多いのもコストアップの一因に。コーナー部分に使われる建材は、フラットな面に使われるものより割高なので、材料費がかさむうえ、コーナー部分の処理には手間がかかるため、施工費もアップします。つまり、形で言えば、角が4 カ所だけの箱型の家が、いちばんローコストで作れるのです。

凹凸のない長方形のプランを選び、1 ・2 階の床面積をほぼ揃えた総二階に。屋内の間取りは、1 階も2 階もワンルームのみ。間仕切り壁や建具にかかるコストを抑えることで、ローコストになります。

タマホームでローコスト住宅を建てよう!

タマホーム坪単価40万円で高品質の家造りを行ってくれる大手ハウスメーカーで、

知識豊富な専任の担当者がつき、家造りに要望を取り入れてくれたり、疑問に丁寧に答えたりしてくれます。

それだけでなく、ローコストで長期優良住宅を製造するメーカーとしても有名です。

品質の良さにも定評があり、保証期間も最長60年と業界最高水準です。

大安心の家はタマホームのベストセラー商品です。

写真:大安心の家(出典:タマホームホームページ)

ローコスト住宅で平屋を建てられるの?

基礎部分、屋根部分、これは1軒の家に必ずかかるものです。

だから、延床面積に対して考えると平屋は割高になるものです。

では、ローコストで平屋を建てることはできないのでしょうか?

いいえ、工夫次第で建てることもできるのです。

例えば、タマホームの大安心の家シリーズであれば、ローコストで平屋を建てることができます。

「なぜこんなにも安いのか?」と疑問に感じる人も多いと思いますが、タマホームは中間業者をはさまず工事の直接管理をしているため、中間業者にかかるコストを削減できるのです。

さらに、住宅設備に関しては、専門のメーカーに大量発注することで低コストでハイクオリティな製品の仕入れが可能です。

工事の直接管理・流通システム・大量発注の仕組みにより、良質かつ低価格な家づくりを実現しているのですね。

 

ローコスト住宅のブログを紹介!後悔ブログも!

…1500万円代の注文住宅…大公開!

 

建物のみで1500万円、土地と建物込みの総額で2500万円という予算で、ローコストで有名な工務店で家を建てた主婦のブログです。

ローコスト住宅の場合、オプション等で費用がかさんでしまい、予算をオーバーしてしまう事例も見かけますが、こちらのブログの事例では、最終的な金額も予算内にしっかり抑えられています。どのようにして費用を抑えたのか、具体的な内容が数字とともに書かれているため、コストダウンの参考になります。また、電化製品や家具、生活用品などの費用まで細かく公開されているのも、このブログの特徴です。

M家のローコスト住宅ブログ

ローコスト住宅を自由設計で建てられた方のブログです。苦労した点や、後悔していることも包み隠さず書いているので、これから建てたい方にもおすすめです。

ローコスト住宅で後悔したこと

それでは早速、ローコスト住宅を建てた方の失敗談や後悔を、5つの観点から見ていきましょう。

1.外観が安っぽい

ローコスト住宅は、安っぽい外観になりがちです。

  • 安いサイディングは、継ぎ目が目立つ&汚れがつきやすい
  • 家の形を単純化するため、倉庫っぽい見た目になる
  • 「引違い戸」が安っぽく見える

といった評判をよく聞きます。

2.内装がイマイチ

予算を抑えて住宅を建てると、平凡なインテリアを選ぶことになります。

  • 「せっかく新築住宅を建てたのに、内装がダサくて人を呼べない」
  • 「これって建売り住宅?と聞かれてショックを受けた」

という口コミは結構多いものです。

3.施工が雑?

「ローコストは施工が雑」という噂は、よく聞きます。

4.断熱気密性が低い?

ローコスト住宅は、夏の暑さ、冬の寒さの影響をもろに受けてしまうようです。

5.災害が怖い

「安い=粗悪品」という印象がありますよね。

そのため、ローコスト住宅を建てた方は、災害時の不安が大きいようです。

ですが、実際は国の基準を満たしていますので、基準どおり作られていれば、大丈夫です。

ですが、こういったデメリットも工夫次第で乗り越えている方もいます。

「ローコストでは良いものは建たない」と思い込んでいると、悪いところばかりが目につきます。

「どうやったらもっと良くなるか?」を考えながら、工夫して生活できる人にこそ、ローコスト住宅は向いているのかも知れませんね。

大阪に対応したローコスト住宅が得意なハウスメーカーは?

大阪府に対応したローコスト住宅が得意なハウスメーカーを調べてみました。

CMでもお馴染みのタマホーム株式会社は、なんば、東住吉、東大阪など、多くの支店があり、大阪でも有名なローコスト住宅の得意なハウスメーカーになっています。

また、本社は石川県ですが、株式会社秀光ビルドも大阪府に対応したローコスト住宅の得意なハウスメーカーです。

 

 

 

最強かも。あなたが建てたい家にかかる費用と間取り図がもらえる無料サービス!

ハウスメーカーが公表している坪単価は、大きく幅がって、目安にしかなりません。工務店になるとなおさら不明確でネットに落ちている情報だけでは詳しくわからないのが現実です。

じゃぁ、実際の建築費用を知るには、どうしたらいいでしょうか。

あなたの、理想的な間取りを実現するのに、おおよそどれくらい費用が必要か

を考えなければなりません。

実際には、間取りの打合せをする段階では、ハウスメーカーでも工務店でも契約をしてからになります。

でもそれだと、契約前に間取りの作成も出来ない、その間取りで建てた時に、どれくらいの費用になるかを各社で比較できない。

これは、家づくりにおける長年の課題でありました。

でも、私と同じような悩みをお持ちの方に朗報。とっておきの無料サービスがあります。

【簡易的な間取りを作成してほしい】【その間取りで建てた場合の費用】【(必要な場合は)あなたに合った土地探し】

一手に引き受けてくれる無料サービス「タウンライフ家づくり」です。

タウンライフ家づくり」では、

【簡易的な間取りを作成してほしい】【その間取りで建てた場合の費用】【(必要な場合は)あなたに合った土地探し】

の3つを、【あなたオリジナルの家づくり計画書】を全国各地のハウスメーカー、工務店から、任意の企業に依頼できる無料サービスです。

そんなサービスなかなか無いので注文住宅部門で3冠達成も頷けます。

実際に「タウンライフ家づくり」を利用して分かったメリッです。

ポイント

  • 間取り作成が簡単に依頼できる
  • その間取りで建てた場合の各社の見積もりがもらえるので、何にどれくらいかかるのか、判断しやすい。
  • 資金計画書もあるので、漠然としていた長期間にわたる返済が具体的にイメージできる
  • 希望であれば、土地探しもお手伝いしてくれる。(私はお願いしました。)
  • 無料で利用できる
  • 例えば、A社の間取りで気に入ったら、その間取りで他の企業にも見積もりをもらうことで、値引きがしやすい!

全国各地の600社以上の工務店、ハウスメーカーに選択式で依頼が出来て、信頼できる大手ハウスメーカーにも依頼できます。

 

私が何よりもうれしかったのは、要望をくみ取った間取りを作成してくれる所。


実際に複数のハウスメーカーから、各社の個性のある素敵な間取りをもらいました!

安心した点としては、「強引な営業や勧誘がない」点ですね。

ご利用になられる前に、私から少しだけより良く使う為のヒントを!

こちらのホームページはいろいろ特集があって、例えば「ハウスメーカー特集」とか、「間取り作成特集」とか。
つまり、そこに掲載されている工務店や、ハウスメーカーにも特色や得意・不得意があって、その得意だけを集めて紹介しているようです。
だから、どこから申込するかはとても大事。

メールでの営業はありましたが、電話営業などのストレスになる事はありませんでした。

値引きの実現も出来てきて、家づくりがお得に進捗しそうです!

 

これから家づくりを始める方は、使ってみても良いかもしれません

▼公式サイトはこちら▼

  • この記事を書いた人

目指せ!自宅買い替え奮闘中の主婦

私のプロフィール 年齢:34才 家族:旦那(34才)子供2人 趣味:旅行 職業:パート 将来の夢:マイホームの買い替え・・・。

-注文住宅全般
-,

Copyright© 注文住宅ハウスメーカーマガジン , 2019 All Rights Reserved.