未分類

強い耐震性と地盤づくり。地震に強いタクトホームの分譲住宅「グラファーレ」。

タクトホームグループの分譲戸建て住宅は、国土交通省が定める品確法に基づく「住宅表示制度」の4分野で、全棟最高等級を取得しています。
地震大国日本では、長く安心して暮らすためには、災害に強い住まいだと心強いですよね。
タクトホームの分譲住宅「グラファーレ」のキャッチコピーは「地震に強い家」。
詳しく見ていきましょう。

<関連記事>
防災・減災を考えた災害に負けない家づくり/大和ハウス工業・パナソニックホームズ・ミサワホーム
住友不動産の地震に対応した力度強い工法。耐震性について検証。

地震などの災害対策。強固な地盤と耐震設計。

■強固な地盤。
タクトホームは強い地盤を探して施工しており、グラファーレは20年の長期地盤保証しています。
調査報告書や改良報告書も発行しているので、万が一の時でも安心できる土地に住まいができます。

■災害に強い耐震設計。
グラファーレは住宅性能表示基準で多くの項目で最高等級を獲得しており、地震や暴風に強い耐震設計になっています。
木造の柱や梁などで構成された自由度の高い工法と、外壁と床組、屋根を一体化した構造用合板パネル工法を組み合わせた「I.D.S工法」は設計の自由度を確保しながら高い耐震性を実現しています。
横からの圧力試験では、国が定める最高強度壁倍率の5.0倍もあり、国土交通大臣認定取得の「オリジナル耐力パネル」を使用しています。
また、柱と基礎を固定した「TロックⅡ」は通常の2倍の強度を誇っています。

■分譲住宅ならではの地域の助け合い
都会のマンション暮らしでは、隣に住む人の顔も分からないことも珍しくありません。
分譲住宅なら数か月違いで入居してくるので、地域のつながりが生まれやすく、災害などのいざという時に助け合いができて心強いという利点があります。

強固な地盤の上に、国土交通大臣も認める耐力パネルを使った耐震性の高い設計で家を建てるので、災害に強くて長年暮らしても安心ですね。
地域での助け合いが日常化している環境であれば、小さな子供がいてもいざという時でも落ち着いて行動することができそうです。

グラファーレの価格と特徴

■月々6万円~でマイホームが手に入る。
タクトホームは業務の効率化やコストダウンを図ることで、無理のない返済額を実現しています。
普段の毎月の家賃よりも安くマイホームを手に入れ、資産を残すこともできるかもしれません。

■ライフステージの変化により間取りを変えられる。
構造部分と内装部分を分離させることで、部屋を区切ったり壁を外せるようになっており、強度はそのままに間取りをカスタマイズすることができます。
規格住宅ではあるものの、生活スタイルに合った理想の住まいを手に入れることができそうです。

■分譲住宅なのに戸建てごとにデザインが違う。
分譲住宅はコストを抑えるために同じデザインの家が並ぶことになり、いかにも建売住宅という雰囲気が漂います。
グラファーレは戸建てごとにデザインが違うため、個性が出て注文住宅のような佇まいです。
外観のデザインだけではなく、暮らしの動線や最新の設備など、住みやすさとセンスを兼ね備えた住まいです。

強いこだわりがなければ、最新の設備が整ったお洒落なマイホームを手に入れることができそうですね。
価格もリーズナブルなので、若いうちに購入を決めることもできそうです。

グラファーレのサポート

■同じ担当者が最後までサポート。
土地の相談からアフターサービスまで一人の営業担当がつくため、引継ぎの際に話が通ってないなど小さなストレスを感じずに済みそうです。
相談していくうちに信頼関係も構築されていくので、困ったときにすぐに頼れる担当者がいるのは安心です。

■最長35年保証。
オーナー専用窓口が設置されて2年間は無償で補修修理を受けられ、10年間は定期点検も無料で行われます。
5年ごとのメンテナンスを行い、保証期間は10年から最長で35年まで延ばすことができます。
シロアリ対策も5年間保証がついており、長年暮らしても安心のサポートがついています。

いかがでしたでしょうか。
「地震に強い家」がリーズナブルに手に入れることができるのは、地震大国日本で暮らす私たちにとって喜ばしいことだと思います。
これから先の災害対策や資産形成を考えるにあたっても、このような住まいを手に入れておけば将来的に安心かもしれませんね。

【[PR]タウンライフ】最強かも。あなたが建てたい家にかかる費用と間取り図がもらえる無料サービス!

[PR]タウンライフ株式会社

ハウスメーカーが公表している坪単価は、大きく幅がって、目安にしかなりません。工務店になるとなおさら不明確でネットに落ちている情報だけでは詳しくわからないのが現実です。

じゃぁ、実際の建築費用を知るには、どうしたらいいでしょうか。

あなたの、理想的な間取りを実現するのに、おおよそどれくらい費用が必要か

を考えなければなりません。

実際には、間取りの打合せをする段階では、ハウスメーカーでも工務店でも契約をしてからになります。

でもそれだと、契約前に間取りの作成も出来ない、その間取りで建てた時に、どれくらいの費用になるかを各社で比較できない。

これは、家づくりにおける長年の課題でありました。

でも、私と同じような悩みをお持ちの方に朗報。とっておきの無料サービスがあります。

【簡易的な間取りを作成してほしい】【その間取りで建てた場合の費用】【(必要な場合は)あなたに合った土地探し】

一手に引き受けてくれる無料サービス「タウンライフ家づくり」です。
[PR]タウンライフ

タウンライフ家づくり」では、

【簡易的な間取りを作成してほしい】【その間取りで建てた場合の費用】【(必要な場合は)あなたに合った土地探し】

の3つを、【あなたオリジナルの家づくり計画書】を全国各地のハウスメーカー、工務店から、任意の企業に依頼できる無料サービスです。

そんなサービスなかなか無いので注文住宅部門で3冠達成も頷けます。

実際に「タウンライフ家づくり」を利用して分かったメリッです。

ポイント

  • 間取り作成が簡単に依頼できる
  • その間取りで建てた場合の各社の見積もりがもらえるので、何にどれくらいかかるのか、判断しやすい。
  • 資金計画書もあるので、漠然としていた長期間にわたる返済が具体的にイメージできる
  • 希望であれば、土地探しもお手伝いしてくれる。(私はお願いしました。)
  • 無料で利用できる
  • 例えば、A社の間取りで気に入ったら、その間取りで他の企業にも見積もりをもらうことで、値引きがしやすい!

全国各地の600社以上の工務店、ハウスメーカーに選択式で依頼が出来て、信頼できる大手ハウスメーカーにも依頼できます。

 

私が何よりもうれしかったのは、要望をくみ取った間取りを作成してくれる所。


実際に複数のハウスメーカーから、各社の個性のある素敵な間取りをもらいました!

安心した点としては、「強引な営業や勧誘がない」点ですね。

ご利用になられる前に、私から少しだけより良く使う為のヒントを!

こちらのホームページはいろいろ特集があって、例えば「平屋特集」とか、「間取り作成特集」とか。
つまり、そこに掲載されている工務店や、ハウスメーカーにも特色や得意・不得意があって、その得意だけを集めて紹介しているようです。
だから、どこから申込するかはとても大事。

メールでの営業はありましたが、電話営業などのストレスになる事はありませんでした。

値引きの実現も出来てきて、家づくりがお得に進捗しそうです!

 

これから家づくりを始める方は、使ってみても良いかもしれません

▼公式サイトはこちら▼
[PR]タウンライフ

  • この記事を書いた人

賃貸から戸建て!主婦の家づくり奮闘日記

私のプロフィール 年齢:34才 家族:旦那(34才)子供2人 趣味:旅行 職業:パート 将来の夢:マイホームの買い替え・・・。

-未分類
-, , , ,