ゼロキューブ

1000万円〜真四角でスタイリッシュなZERO-CUBE

ZERO-CUBE(ゼロキューブ)って聞いたことがあるでしょうか?あまり知名度のないブランドかもしれませんね。

ゼロキューブは、「LIFE LABEL(ライフレーベル)」のセミオーダー型デザイン住宅です。

ライフレーベルは徹底したデザイン性にこだわった住宅を建てることができるメーカーと言われています。FC住宅として展開されており、1,000万円から建てられる敷居の低さとデザイン性の高さから、若い方を中心に人気を集めています。

今回は、そんなゼロキューブの注文住宅の特徴や坪単価、評判などを調べてみました。

ゼロキューブシリーズの特徴

ゼロキューブのコンセプトは、わたしたちにちょうどいい家

1,000万円からはじまる、新しい家づくりのカタチです。洗練されたシンプルな四角い家をベースに、「+FUN」のオプションであなただけのこだわりを追加していく、新しい発想のセミオーダー型デザイン住宅です。
お手頃価格でおしゃれなデザイン住宅を建てたい方にぴったりのシリーズです。

FC展開

ゼロキューブシリーズもローコスト住宅に多いフランチャイズ方式になっています。FC展開をしていると言うことで、仕様などが加盟店により異なる部分もあるようです。

ローコスト住宅

ゼロキューブシンプルスタイルなら、本体価格900万円からという驚異的な価格設定になっています。同様にローコスト住宅を扱うレオハウスとも比較されるようです。

スタイリッシュな外観

シンプルでありながら、個性的で真四角のスタイリッシュな住宅をローコストで実現するのがゼロキューブシリーズです。ZERO-CUBE +FUN(ゼロキューブプラスファン)はグッドデザイン賞も獲得しています。

ローコスト住宅はデザイン性が劣るともいわれますが、ライフレーベルはデザイン性にこだわった住宅を建てることができると言われており、個性的な家を建てたい層から高く評価されています。

ゼロキューブの坪単価

ゼロキューブシリーズは、本体価格およびオプション価格がすべて公開されています。

本体価格は900万円~。ですので、オプションを付けない状態であれば、単純に割ると、坪単価は27万円~となります。(※実際には諸費用などもかかりますので増加します)

オプションを付けた場合でも、坪単価は40万円台~50万円台になっているケースが多いようです。

 

ゼロキューブの商品ラインナップ

ゼロキューブシリーズには、様々なラインナップが用意されています。

ZERO-CUBE +FUN(ゼロキューブプラスファン)

一番基本になるゼロキューブです。

オプション(+FUN)なしだと、本体価格1,000万円から建てることができます。

各オプションの価格も明確に提示されているため、オプションを追加した場合でも住宅本体価格がわかりやすい仕様です。

ZERO-CUBE MINI(ゼロキューブミニ)

基本のゼロキューブのコンセプトと楽しさはそのままに、狭小地対応のスマートタイプが登場しました。本体価格は1,000万円から

間口2間タイプと、間口2.5間タイプの合計2タイプが用意されています。

ZERO-CUBE STEP FLOOR(ゼロキューブ ステップフロア)

基本のゼロキューブに、スキップフロアを追加したタイプです。

本体価格は1,200万円から

ゼロキューブの良さを存分に生かしたまま、縦に・横にワイドに広がるスキップフロアを取り入れています。

ZERO-CUBE KAI(ゼロキューブ カイ)

キューブ型の建物の中心に、庭をレイアウトしたゼロキューブです。

本体価格は1,200万円から

プライバシーが確保された完全プライベートな庭は、面する部屋に柔らかい風と自然との触れ合いを作ってくれます。

基本のタイプの他に、外壁をコンクリート打放風にした「ACT2 CUSTOM」と、平屋タイプの「ACT1」の合計3タイプが用意されています。

ZERO-CUBE SIMPLE STYLE(ゼロキューブ シンプルスタイル)

本体価格900万円から購入できる、オールインワン住宅です。

ゼロキューブシリーズの特徴である真四角な外観を踏襲しながら、余計なものを省いた上質な住まいに仕上げました。

出典:ライフレーベル

ゼロキューブの評判

ゼロキューブの評判を調べてみました。

まだまだネット上ではゼロキューブの口コミサイトが少ないので実際どうなの?と気になる方も多いと思います。

口コミの中では

「はじめて見たときから、“こんな家に住めたら素敵だな”と思っていました。四角い感じのデザインがとっても私好みで!」

という、外観が好みだったという声もありますが

「外観はマイホームという感じがしなくて、コンテナを想像してしまったり
事務所とか小さな会社の建物のような印象を受けました。 」

という声も。好みが分かれるようです。

気になる建築費については、

「建築費は、高いだろうと思いましたが以外に安いですね。建物本体価格が1000万円+北海道の寒冷地仕様変更費用200万円+地盤改良や上下水道の工事費などが約300万円+(+BOX200万円)で1700万円だったそうです。その他オプションで階段を鉄骨のプラックの階段と2階吹抜けの手すりで+50万円、窓も大きな窓がたくさんついていて、凄く明るくて吹抜けもカッコ良かったです。」

という声がありましたが、

「ゼロキューブは見積り取ると分かると思うけど安くはない。」

という声も。

ゼロキューブは最低限必要なものがベースとなっており、そこからそれぞれが希望する優先順位が高いものをオプションとして追加していく形となっていますのでその辺は仕方のないことなのかもしれません。

また、ゼロキューブはフランチャイズ方式なので、家づくりはそれぞれの工務店が事実上行う事になります。しかも、仕様も各工務店により異なるようですので、良い工務店・良い営業と出会うかどうかが家づくりのポイントになりそうです。まずは現地見学会や完成見学会などに足を運んでその工務店の考え方や技術力を確認する事をオススメします。

次回は、ZERO-CUBE+FUNの間取りや実例についても深掘りしていきます!

今日も部屋の中を見てうんざりする・・・

できるだけ要らないものは処分して生活しようとしているけど、

そもそも収納スペースが足りない。。。

はぁ。収納に困らない生活がしたい・・・

結婚して、1LDKの10万円の賃貸マンションに引っ越したけど、

1年半で収納場所に限界を感じてる。。。

部屋に物が溢れない生活がしたいけど、

同じくらいの家賃でもっと収納場所のある賃貸物件を探しても

条件に当てはまる物件は0件です

と表示されるので、探すのはあきらめた。

 

しかし、外から家に帰るたびに、物であふれて牢屋のように

狭くなった部屋を見ると毎回ため息があふれる・・・。

 

 

 

 

友人の裏技「タウンライフ家づくり」ってなに?

友人から教えてもらった裏技は、、、

「タウンライフ家づくり」を使うということ。

 

タウンライフ家づくりとは?

こちらからの希望や要望を伝えるだけで、複数のハウスメーカーから希望・要望に合った「間取り」「資金計画」「土地探し」の計画書が提案してもらえるんです!

しかも!計画書作成は無料!

 

タウンライフ家づくりを使うだけで注文住宅が格安に建てられるなんて胡散臭そう。。。

 

と思った方、ちょっと待って。

注文住宅(オーダーメイド住宅)を格安に建てられる理由は

  1. ローコスト住宅を選ぶ(大手ハウスメーカーが資材を大量に発注することでコストダウンするから品質に問題なし)
  2. 住宅展示場の人件費を削減できる
  3. 広告費の削減ができる

つまり、注文住宅(オーダーメイド住宅)を建てたい!というあなた自身が、

タウンライフ家づくりを通じてハウスメーカーに希望・要望が伝えられるから、

無駄な費用が抑えられて格安に建てられるということ!

 

使い方は超簡単でした!

まず、家を建てたい都道府県と市区町村を選択

次に建てたい家の希望・要望を入力します

 

最後に気に入ったハウスメーカーを選択するだけ!(もちろん複数選択可能です)

 

 

たったこれだけの作業で資料が届きました!

 

 

 

注文住宅(オーダーメイド住宅)を建てるなんて、夢のまた夢のようだと思っていましたが、

タウンライフ家づくりで相談してみたら難しくないことだとわかりました。

ご利用になられる前に、私から少しだけより良く使う為のヒントを!

こちらのホームページはいろいろ特集があって、例えば「ハウスメーカー特集」とか、「間取り作成特集」とか。
つまり、そこに掲載されている工務店や、ハウスメーカーにも特色や得意・不得意があって、その得意だけを集めて紹介しているようです。
だから、どこから申込するかはとても大事。

【完全無料】間取り・費用比較は⇒

 

住宅ローン返済額の平均は1か月約9.7万円!

 

本当に注文住宅の方が賃貸の家賃よりも安いの?

と疑っている人もいるかもしれません。

例えば私の場合、

 

つまり、家賃10万円以上支払っているという方は、

家賃よりも安い支払い金額で

注文住宅(オーダーメイド住宅)が建てられるということに!!!

結論、賃貸よりも確実にお得!!

消費税増税したからといって時期が悪いなんてことはない!

消費税増税しちゃったから、注文住宅なんて高額なもの無理・・・

私も、そう思っていました。
ただ、この考え全然間違っていました。

増税したからと言って、家が買えなくなってしまっては経済はまわりません!

住宅ローン減税の控除期間が3年に延長して、建物購入価格の消費税2%分減税されます。

さらに、すまい給付金が最大50万円もらえるので、増税前よりもお得に家が建てられるということです。

 

増税したから、注文住宅なんて私には無縁なんてことはありませんでした!

 

注文住宅を建ててわかったオーダーメイドって最高!

賃貸住宅に住んでいれば、

2年毎に更新料を支払わなければならなかったり

良い物件を探しても見つからなかったり・・・

しかし、注文住宅を建てたら収納のストレスもなく

自分のしたかった暮らしができます。

 

もちろん、予算に合わせて削る部分も出てくるでしょう。

それでも、家に不満を持ちながら家賃を無駄に支払っている毎日よりも、

自分が満足できる暮らしを手に入れることができて、さらに家賃よりも支払額が少ないって最高じゃないですか?

私はこれでストレスフリーになりました!

\家を建てるなら、まず/

  • この記事を書いた人

賃貸から戸建て!主婦の家づくり奮闘日記

私のプロフィール 年齢:34才 家族:旦那(34才)子供2人 趣味:旅行 職業:パート 将来の夢:マイホームの買い替え・・・。

-ゼロキューブ
-, , , , ,

Copyright© 注文住宅ハウスメーカーマガジン , 2020 All Rights Reserved.