リクシル

アイフルホームのシリーズ住宅

更新日:

リクシル住宅研究所がFC展開するブランド、アイフルホームの間取りを見ていきましょう。

ローコスのハウスメーカーとあって、間取りの自由度が気になるところです。

リーズナブルな分、どこまで思い通りのプランを描くことができるのでしょうか。

 

間取りの自由度を高めているプランが豊富

ローコスト住宅とはいえ、アイフルホームは注文住宅のハウスメーカーです。

シリーズ展開は以下の通りになります。

各自のライフスタイルによって、さまざまな商品展開をしているのが魅力です。

これに応じて、自由度の高い間取りをプランニングできます。

 

【アイフルホームのシリーズ】

・セシボ(2階建て)

・AYA(平屋)

・スプリーム(3階建て)

・EH-Maison M(賃貸住宅)

・ハッピーハニー(二世帯住宅)

・i-Prime7(ネット限定販売)

 

セシボがアイフルホームの主力ブランドになります。

若い子育てユーザーも対象にしていますので、子どもを中心とした家事の機能性などを重視した間取りも特徴になっています。

i-Prime7は700万円~ですが、仕切りの自由度が利くような間取りの仕様になっています。

 

簡単に作成できる間取りのプランも

i-Prime7は、超ローコスト住宅です。

しかし、ローコストゆえ、設計は顧客がネット上で行います。

制限はありますが、間取りのカスタマイズが可能です。

セシボ、スプリームを含めて全シリーズで間取りをカスタマイズすることが可能です。

出典:アイフルホームhttp://www.eyefulhome.jp/house/example/testimony/003/

この間取りはセシボシリーズです。1階のリビングダイニング部分に開放感があり、母親が家事をキッチンでしながら、リビングにいる子どもに目を配ることができます。

子どもが帰宅後に手洗い・うがいができる洗面所を1階に、子どもも喜ぶ多目的スペースを屋上に配しました。

セシボシリーズでは、ダイニング部分をリビング部分より、1段高く上げるスキップフロアにする間取りの変更などにも柔軟に対応しています。趣味の部屋をつくったり、書斎スペースを設置するなど間取りの自由度が利きます。

  • この記事を書いた人

目指せ!自宅買い替え奮闘中の主婦

私のプロフィール 年齢:34才 家族:旦那(34才)子供2人 趣味:旅行 職業:パート 将来の夢:マイホームの買い替え・・・。

-リクシル
-

Copyright© 注文住宅ハウスメーカーマガジン , 2018 All Rights Reserved.