閉じる
閉じる
  1. トヨタホーム、スマイリズムの間取り
  2. 住友不動産の見積もり
  3. タマホームは工期の短さが評判
  4. フィアスホームとGLホームの間取り
  5. 東急ホームズ 他の日本のハウスメーカーにはない斬新さ
  6. アキュラーホームで1000万円台からの注文住宅
  7. アエラホームの注文住宅坪単価
  8. アキュラーホームの「間取りシミュレーター」で作るマイホームの第一歩
  9. ジャーブネットでローコスト住宅
  10. 一条工務店の評判は?施工技術や価格などを徹底調査
閉じる

注文住宅ハウスメーカーマガジン

時代のニーズに合わせたダイワハウスの評判

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

注文住宅の事を考え始めたら
まずははじめの一歩。気軽にカタログ請求はこちら。

ダイワハウス(大和ハウス工業)は、生活に密着した住宅造りを原点に進化をしてきました。創業時にはパイプハウス、ミゼットハウスなど、今でいう極小住宅が徐々に評判を呼び、大規模な民間初のデベロッパーへと成長していきました。

 

時代のニーズに合わせたミニハウス

ダイワハウスは、1955年に大阪の日本橋で創業。時代は戦後の復興から、本格的な経済成長へ発展する時期でした。全国的に商売=起業の機運が高まり、安く・早く建てられる鋼管(パイプ)ハウスが評判となり、国鉄(現JR)の倉庫、創業したばかりの会社の事務所用に販売されました。

 

パイプハウスで注目を集め、1959年には住宅販売にも活路を見いだしました。それが、爆発的な人気となった「ミゼットハウス」です。ベビーブームの追い風に乗り、自宅の敷地に3時間で設置できる「自分の部屋」に評判が高まりました。これが、プレハブハウスの原点でした。

 

プレハブ住宅は、規格管理が統一化され、生産効率や品質管理などに利点があります。加えて、住宅建設の課題だった大工による品質のバラツキも少なくなり、一定水準の品質をキープできるようになりました。無駄も少なくなり、リーズナブルな価格にも反映されました。

 

宅地開発を担う民間初のデベロッパーへ

プレハブ住宅の建設で評判が高まり、1962年には大阪・羽曳野で民間初のデベロッパー(都市開発)に着手。「羽曳野ネオポリス」の大規模団地の宅地造成、販売を手掛けました。今では町の工務店でも行う分譲住宅のパイオニアです。

 

現在のダイワハウスは、住宅建設をはじめ、多方面に展開しています。賃貸集合住宅、マンション事業、商業施設・店舗など、活動のフィールドを広げています。それぞれの分野でデザイン性や機能性など、評判になっている建物も数多くあります。

 

ダイワハウスは、時代に即したニーズを見抜くことによって、一定の評判を集めて発展してきた注文住宅メーカーと言えます。

» 大和ハウスを含む大手ハウスメーカーの一括無料見積もり依頼はこちら

関連記事

  1. ライフプランに合わせた大和ハウスの間取り

  2. ダイワハウスの高級路線のシリーズからリーズナブルなシリーズまで紹…

  3. ダイワハウスの価格検証

  4. ダイワハウスも交渉値下げも可能

  5. ダイワハウスの収納方法アイデア

  6. ダイワハウスの坪単価目安

ピックアップ記事

  1. トヨタホームの商品ラインナップ比較 注目シリーズとはトヨタホームは、世界トップの自動車販売台数を…
  2. ポラスは埼玉県越谷市に本社を置く注文住宅メーカーです。全国展開をせず、地域密着をコンセプトに住宅…
  3. 一条工務店の注文住宅で、間取りの自由度やカスタマイズはどうなのでしょうか。高性能住宅でも、ライフ…
  4. 一条工務店で注文住宅を建てたいけど、坪単価がどうしても気になります。限られた予算の中で住宅を建設…
  5. 一条工務店はi-smart(アイスマート)で知られる住宅メーカーです。2016年度の販売供給…
ページ上部へ戻る